たためるシリコン洗い桶

おすすめの洗い桶、畳めるタイプの洗い桶ならシンクが広く使えます。

食材や食器を洗うための、洗い桶。大きいものであるがゆえに、シンクを広く使うためには少々邪魔。でも、ないと困る、とちょっと厄介ともいえるモノ。

決して使い勝手がよいとはいえない洗い桶ですが、最近では不要なときには折りたたんで収納しておくこともできる、というちょっと変わった洗い桶も販売されるようになっています。

シリコンの伸縮性を上手く利用した、折りたためる洗い桶。

キッチンに立って、悩ましいのがシンクの狭さ。食材を洗ったり、食器を洗ったりと様々な作業を次々こなす必要があるので、極力広く使いたいもの。でないと、作業効率も著しく下がります。

シンクを広く使いたい、にもかからず、それを見事なまでに邪魔してくれるのが、洗い桶。ただでさえ狭いシンク、その結構な面積を占めてしまうから少々やっかいです。

とはいえ、洗い物や食材を洗う際には絶対に必要なものであり、無いと困るというのが、本当に悩みどころ。

そこで、最近では、不要なときには折りたたんでおける、洗い桶なども販売されるようになり、人気になっています。たためるシリコン洗い桶、というのがその商品。

これまで洗い桶というと、古くは木製から始まり、それがステンレスやプラスチックに主流が移り変っていますが、このたためるシリコン洗い桶は、商品名の通り、シリコンを素材としているのが特徴。

シリコン特有のゴムのような弾力のある性質を上手く利用し、折りたためるように開発されたのが、折りたためる洗い桶、というわけです。

ステンレスやプラスチックでは、どう転んでもできなかった、洗い桶を折りたたむこと、が出来るようになった、いわば画期的な洗い桶。

畳んだときのサイズは、広げたときの約1/3。もちろん、折りたたんでコンパクトなサイズになるわけですから、使わないときには収納しておくこともできます。

片方のサイドだけでも折りたためるので、水切りや排水もラクにできる。

たためるシリコン洗い桶は、単純に畳んでおけるほかにも、シリコン素材であるがゆえにできる使い道があるのも特徴。

というのも、洗い桶の片方のサイドだけを畳んでおくことができるので、食器や食材を水とともに溜めおいても、水切りや排水が非常に簡単にできるようになっています。

これまで、洗い桶の水を捨てる場合には、全体を持ち上げる必要がありましたが、それも不要。片方のサイドを低くしておくような形状にしておけば、逆側をちょっと持ち上げれば、直ぐに水が捨てられるようになっています。

気になる耐久性については、耐熱温度は190℃、耐冷温度は、-20°。普通にキッチンで使う分には、全く問題ありません。ただし、食洗機や食器乾燥機は使用できないので、その点だけには注意が必要。

狭いキッチン、狭いシンクを効率よく使うためにも、不要なときは折りたたんで収納しておける、たためるシリコン洗い桶、おすすめです。

たためるシリコン洗い桶 A-02(アイメディア) 
・サイズ 広げた時:約35×30×14.5cm/収納時:約35×30×4.3cm
・カラー 2種(グリーン、アイボリー)
・重量 約750g
・容量 約7L
・材質 シリコンゴム、スチール
・耐熱温度 190℃
・耐熱温度 -20℃
・JANコード/ISBNコード:4989409067868 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. スタンドライト NuAns CONE
  2. スマホの画面保護
  3. ランニング時の給水専用ボトル シンプル ハイドレーション ボトル
  4. 携帯用充電器 MIXIT Lightning to USBレザータッセル(belkin)
  5. プラフレンドで作った作品。
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP