乾燥剤としての役割も持つ、計量スプーン CHA-SAJI(ソイル/SOIL)。

乾燥剤としての役割も持つ、珪藻土を素材にした計量スプーン。

珪藻土(ケイドウド)が様々な生活用品の素材として使われるようになったここ数年、バスマットといえば珪藻土といえるほど、浸透しつつあります。

珪藻土の最大の特徴は、自身が呼吸するという調湿作用にありますが、今回はその特性が最大限活きる、珪藻土を素材とした計量スプーンのご紹介です。

乾燥剤としての役割も果たす計量スプーン、茶葉や調味料などに最適です。

日本茶や紅茶などの茶葉、コーヒー豆、塩や砂糖などの調味料などの保管に求められるのが乾燥。

これらの保存容器の中に少しでも湿気が入ってしまうと、せっかくの味が台無しになるほか、モノによっては固まって、計量スプーンなどでは救い状態になってしまいます。それを防ぐために、保存容器のフタを密封したり、別途乾燥剤を入れたりするわけです。

一方で、これらに必須なのが計量スプーン。茶葉を急須に移したり、調味料の量を測ったり、無くてはならない存在です。

そこで、この計量スプーンの素材に珪藻土を使用することで、同時に乾燥剤としての役割を持たせたのが、CHA-SAJIという商品。珪藻土を使用して様々な商品を世に送り出しているSoil(ソイル)というブランドから販売されています。

茶葉をすくえて、計量もできる。しかも、茶葉の保存容器にそのまま入れておくだけで、乾燥剤としての役割も果たしてくれます。

手にも馴染みやすい形で、見た目もコロンとしていて非常に可愛らしい。カラー、ホワイトのほか、薄いグリーンとピンクが用意されています。

素材の珪藻土は日本産、人にも環境にもやさしい自然素材。

乾燥剤としての機能も持つ計量スプーン、CHA-SAJI。CHA-SAJIの素材となっているのは、石川県や秋田県で採れた国産の珪藻土、言ってみれば純国産品。

珪藻土は、古くから自然素材の建材として住宅などにも使用されており、人にも環境にもやさしい素材として、その安全性も折り紙つき。もちろん、CHA-SAJIも例外ではありません。

さらに、CHA-SAJIは、計量スプーンとして口にするものと直接触れることも考え、食品衛生検査済みでもあり、安心して使用することができます。

使用するにあたっての注意といえば、長時間水に浸さないこと。漬けおき洗いなどは、素材の劣化を招く怖れもあるので厳禁。

また、珪藻土の優れた調湿性といっても、そこには限界もあるため、ある程度使っていると湿気が抜けず、茶葉などが付くこともあります。その場合、一度洗ってしっかりと乾燥させれば、調湿作用も元通りになります。

茶葉や紅茶の葉、コーヒー豆などはもちろん、塩、砂糖をはじめとする調味料、さらにはフリカケなどにも使えるCHA-SAJI。機能的でありながら、見た目も非常にオシャレ、使ってみたい計量スプーンです。

CHA-SAJI(ソイル/SOIL)
・カラー 3種(グリーン、ホワイト、ピンク)
・サイズ 約42×72×22mm(すり切り1杯:約7.5cc)
・重さ 30g
・品番 K263GR ほか
・JANコード/ISBNコード 4560339422653 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ボタンの付け方忘れてしまっていたら。
  2. 汗染み対策にフレッシュマックスシャツ
  3. Carry saKASA シティモデル(キャリーサカサ)
  4. スワッグギア タイニー(バンデミック)
  5. 書類をスキャンニング・データ化、すべておまかせ電子化パック
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP