アクアポニックスを採用、アクアスプラウト

植物と魚を同時に育てられる、アクアポニックスの原理を採用したキット。

新しい農業として注目を浴びているアクアポニックス。アクアポニックスとは、水を循環させることで、魚と植物を同じシステムで育てるもので、循環農業とも呼ばれています。

最近では、家庭用のアクアポニックスの原理を使用したキットなどが販売されるようになり、魚と植物を同時に育てられるようになっています。

魚と植物を同時に育てることができる、アクアポニックスの原理を採用したキット。

魚の入った水槽の上に、緑豊かに植物が育っている、最近、オフィスビルなどのちょっとしたスペースでも見かけるようになりました。これらの多くが、アクアポニックスの原理を採用したもの。

簡単にいうと、魚が入っている水槽の水がポンプによって、上にある植物用プランターに汲み上げられます。
汲み上げられる水は、魚のフンなどで汚れていますが、それを微生物が分解してくれることで、植物の栄養分へ変化。さらに、植物に触れることで、水は綺麗になるので、それを水槽に戻す、という流れ。

水を循環させることで魚と植物の双方を育てることができるのが、循環農法とも呼ばれるゆえん。

このアクアポニックスが自宅でも楽しめるのが、アクアスプラウト~さかな畑~というキット。株式会社おうち菜園から販売されています。

購入して、苗を植え付けてから、約2~4週間でアクアポニックスの流れが安定、あとは、魚の成育とともに、好きな野菜やハーブの出来上がりを待つという流れ。

もちろん、水と植物の緑はインテリアとしても、抜群に映えます。

面倒な手間は不要、魚に餌を与えるだけで植物は勝手に育ちます。

アクアポニックス、循環農法など、初めて耳にする方にとっては、少々難しく感じます。ところが、ご紹介したアクアスプラウトは、手間がほとんど掛かかりません。

必要なのは、魚に餌を与えることだけ。後は、蒸発した分の水を足してやることくらいと、非常に簡単。初心者の方でも充分に楽しめます。

植物を育てることになるわけですから、そこには土作りや土の手入れ、除草、肥料をやることなどが必要かと思いきや、それらも全く不要。水槽の水の交換も必要ありません。

本体サイズは、幅73cm、奥行25cm、高さ45cmと、置く場所にもさほど困ることはないコンパクトなサイズ。

アクアポニックスの原理を採用したキット「アクアスプラウト~さかなた畑~」、自宅やオフィスで魚のいる生活、植物を育てる生活を体感してみませんか。

アクアスプラウト~さかな畑~(おうち菜園)
・特許 PCT/US2014/049873
・サイズ 幅約73×奥行25×高さ45cm(本体)/幅約73×奥行25×高さ95cm(本体+ライトスタンド)
・重 約18kg(本体)/約59kg(本体+水)
・同梱物 :本体、水槽、ハイドロボール(培地)、水中ポンプ、ライトスタンド
・消費電力:10W(50Hz) / 9W(60Hz) ※水中ポンプのみ(電気料金:140円〜200円/月※水中ポンプのみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. Start Office(スタートオフィス)【VOICE 365】
  2. バロクック レクタンギュラー M
  3. 小規模オフィス社員食堂設置サービス
  4. ポータブル・スーツ・ハンガー
  5. スノーボードにアートペイント ボードスティックス
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP