虫刺されに、ポイズンリムーバー(エクストラクター)

虫刺されには、塗るより、吸う?!虫の毒や針を吸い取るためのグッズ。

屋外はもちろん、家の中でも虫刺されに対する何らかの対策が必要な季節です。

虫に刺された際、患部にかゆみ止めや痛み止めの薬を塗るのが一般的すが、今回は、虫に刺された箇所に入ってしまった、毒や針を吸い取るタイプの虫刺され対策グッズのご紹介です。

ハチやブヨ、蚊など虫刺されたら、まず毒や針を抜く。

虫に刺された場合、すぐに薬を塗る、というのが一般的です。ところが、これは、その多くがかゆみ止めであったり、痛み止めであったりと、症状を和らげるのが目的。虫刺されの根本的な原因である、毒素や虫の刺した針などを取り除くものではありません。

虫に刺されてしまった場合、まず。症状の原因を排除し、それから症状を緩和させるために薬を塗る、というのが本来の順序。

実際、蜂に刺された際に、お医者さんの診断を受けた経験のある方ならご存知のように、注射器のようなもので、毒を抜くところから治療が始まります。

そこで、一般の方でも虫に刺された際に毒抜きができるようにと、開発・販売されているのが、ポイズンリムーバーというフランスで生まれた商品です。

虫などに刺された患部に当てて、注射器のように吸い取る仕組みなので、使い方もいたって簡単。重さもわずか87グラムと超軽量で、サイズもコンパクト。

刺された患部に当てる部分は、大小4つのサイズが用意されているので、腫れ具合に合わせて使えるようになっています。自宅用としても、アウトドアなどお出掛け用としても、用意しておきたいグッズです。

あくまで、医師に診せるまでの応急処置用としての使用が推奨されています。

虫刺されに威力を発揮するポイズンリムーバーですが、使用上の注意がひとつ。それは、あくまで応急処置用であるということ。

蚊など比較的軽症で済む虫に刺された場合にはまだよいのですが、蜂やヘビなど、人体に与える影響が不明なものについては、ポイズンリムーバーで毒素を抜き取った後は、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

刺された直後に毒を吸い取ることで、症状が軽くなる場合もありますが、刺された相手によっては、油断は禁物です。

虫刺されの対策といえば、虫除けスプレー、刺された患部に塗る薬、の2点に加えて、このポイズンリムーバーも準備しておけば、万全に近づくことは間違いありません。

ポイズンリムーバー(エクストラクター)
・サイズ  直径26mm×最大部分49mm×長さ118mm
・ケースサイズ  80mm×123mm×35mm
・本体素材 プラスチック(ABS 樹脂ほか)
・重量  87g(ケースを含む)
・生産 フランス
・JANコード/ISBNコード 4580109160028

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 英国王室御用達の傘 フルトン
  2. ドアハンガースマート ワイド(山崎実業)
  3. ブラジリアン ワックス
  4. ワッペンをつける感覚でつけるポケット。
  5. YKCロックポケット LP-600(吉野金物)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP