iPhone アルバムスキャナ Omoidori(おもいどり)(PFU)

アルバムの上からでも、テカらずスキャンできる、Omoidori(おもいどおり)。

元のデータやフィルムは失くしてしまった昔の写真。万一に備えて、新たにデータを取っておきたい、または、写真としてプリントしたい、そういうときに必要なのがスキャナーです。

もちろんコンビニ等でもスキャンはできますが、最近、iPhoneを使って写真がスキャンできるスキャナが販売され、話題になっています。

iPhoneを使って、アルバムの上からでもテカることなくスキャンができる「Omoidori(おもいどり)」。

アルバムに貼られた昔の写真。これをデータ化したい、新たに写真としてプリントしたい、そういうときに必要なのがスキャナです。

ところが、アルバムに貼られた写真は、貼ったときから時間が経っていればいるほど、台紙やフィルムにくっついていることが多く、上手く写真を取れないどころか、下手をしたら破けたりしてしまいます。

そこで、考えるのはアルバムごとスキャナにかけること。しかし、ここでの難敵が写真を覆う透明のフィルム。フィルムごとスキャンしようとすると、スキャンしたデータはテカテカ光ってしまいます。

このアルバムに貼られた写真が綺麗にスキャンできないという悩みを解決するのが、Omoidori(おもいどり)という、アルバムスキャナ。イメージスキャナで世界No.1のシェアを誇るPFUから販売されています。

Omoidori(おもいどり)は、本体に手持ちのiPhoneをセットして、iPhone上で専用アプリを起動させて使うもの。

本体にiPhoneをはめ込むようにセットしたら、アルバム上のスキャンしたい写真の上に置いたら準備完了。iPhoneをタップすることで、スキャンが開始。スキャンした画像がiPhone上に表示され保存され、スキャンが完了する仕組みで、非常に簡単。

スキャンは左右の両サイドから2回、それを自動で合成するのでテカらない。

Omoidoriは手軽に使えるスキャナであると同時に、その最大の特徴はフィルムの上からでも、写真がテカることなく、スキャンできること。いちいちアルバムから写真を剥がす必要がありません。

というのも、スキャン開始ボタンを押すと、左右の両サイドから2回のスキャンが行われます。

このスキャンされた2枚は、そのまま自動で合成されるわけですが、その際にテカってしまった部分を上手く補正することで、元の写真と同じようにテカらずにスキャンができるようになっています。

アプリで、補正はもちろん、写真プリントも、フォトブックもそのままオーダーできる。

Omoidori(おもいどり)には、基本的なスキャン機能のほか、スキャンした写真を編集できる機能も備わっています。

写真の回転やトリミングなどはもちろん、赤目補正や写真から認識された日付の手動補正など、新たに保存する際には十分なほど。

また、アプリ上から写真のプリントオーダーや、フォトブックの作成などもできるので、昔の写真を使って、新たなアルバム作りなども手軽にできる仕組み。

iPhone アルバムスキャナ Omoidori(おもいどり)で、家族や友達との懐かしい日々を写した昔の写真を、さらに大切に保存しておきませんか?

iPhone アルバムスキャナ Omoidori(おもいどり)(PFU)
・対応機種 iPhone 6s, 6, SE, 5s, 5(SE, 5s, 5は、付属のアタッチメントで対応)
・サイズ 使用時:112mm×158mm×142mm/折り畳み時:112mm×32mm×152mm
・重量 310g(電池搭載時)
・専用光源 白色LED×4ユニット
・スキャン範囲 L判写真(89mm × 127mm)〜 2L判写真(127mm × 178mm)※合成時
・電源 単4電池×2本(推奨:アルカリ電池)
・JANコード/ISBNコード:4939761309212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 靴用ハンガー リゾルテ シューズハンガー(エヌケープロダクツ)
  2. 溶けないワックス、あったらいいな、と思いませんか?
  3. レグぽか・スリム(龍野コルク工業株式会社)
  4. 足で操作できるドアストッパー、ドアストッパー ポルテ
  5. 3D時計 マニフォールドクロック
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP