ふとん暖め乾燥機 FD-F06X1

布団乾燥機、一昔前に比べて価格も手頃、布団「暖め」機能なども付くようになっています。

布団乾燥機、といえば、重くてゴッツイ形、しかも大きな音。加えて、使用するにも手間が掛るため、購入したはよいのもの、次第に使わなくなってしまった、なんていう方も多いはず。

ところが、この布団乾燥機に関する良くないともいえるイメージは、今や昔の話。今では使いやすく、便利な機能が付加された機種も販売されるようになり、価格も手頃になっています。

乾燥はもちろん、寝る前に布団を温めてくれる機能が付いた、パナソニックの布団乾燥機。

布団乾燥機といえば、昔は掛け布団と敷布団の間にマットを敷いて、そのマットを通して温風を行き渡らせ、布団全体を乾燥させるというものが主流でした。

この当時の布団乾燥機は、機械自体も大きくて重く、さらにマットを敷かなければならないなど手間も多く、購入したものの、いつの間にか使わなくなってしまう、なんていう声もよく聞かれました。

ところがここ数年、布団乾燥機の世界に変化が見られ、機械のサイズはコンパクト、マット不要、乾燥以外の機能も付加されるようになり、非常に使い勝手がよくなっています。

例えば、パナソニックから販売されている、ふとん暖め乾燥機 FD-F06X1がそれに当たります。

この機種の一番の特徴ともいえるのが、本来の布団を乾燥させることのほか、布団を暖めるという使い方ができるようになっています。

寒い季節の就寝時の悩みは、布団が冷たいこと。せっかく寝ようと思ったところ、布団のあまりの冷たさに眠れなくなってしまいます。

そこで、ふとん暖め乾燥機 FD-F06X1には、寝る前に布団を暖めておける「ふとん暖め機能」を付加させ、冬の冷たい布団対策、あったかグッズとしても使用できるようになっています。

布団暖めに要する時間は、足元だけであれば、わずか5分。寝る5分前にセットしておけば、足元が暖かくなった布団で眠ることができます。もちろん、湯たんぽなどを用意する手間も省けます。

セットはわずか5秒、ノズルを布団に入れるだけ。

従来の布団乾燥機は、乾燥を始めるに当たり、マットを敷いたりと非常に手間の掛かるものでした。その点、ふとん暖め乾燥機 FD-F06X1は、ノズルを布団に挿しこむだけでセット完了。

布団やベッドの脇にさえ置いておけば、所要時間はわずか5秒程度。使用頻度の高い梅雨や冬でも、面倒なく使えます。

これは、新たに開発されたノズルにその秘密があります。ノズルに布団を持ち上げさせ広めの空間を作り、温風を広範囲に吹き出す仕様にすることによって、マットを使用せずに、布団を乾燥させることを実現させています。

3.3kgと超軽量、部屋間の移動も楽々。

ふとん暖め乾燥機 FD-F06X1本体のサイズは、30cm×14cmに、約40cmの高さと、従来の布団乾燥機に比べて非常にコンパクトで、邪魔にならないサイズ。

重さも3kgちょっとと非常に軽量、かつ持ち運びのしやすい作りになっているので、部屋間の移動も苦になりません。

布団の乾燥や暖め以外にも、枕の脱臭、ダニへの対策、靴の乾燥、小物衣類の乾燥など、様々な用途で使えるようになっています。

布団乾燥機に対して昔のイメージを持ったままの方や、初めて布団乾燥機を使ってみようと思う方にもおススメできる、パナソニックのふとん暖め乾燥機 FD-F06X1のご紹介でした。

※商品名 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X1(パナソニック)
・サイズ 30×39.8×14cm
・本体重量 3.3Kg
・ふとん暖め 足もと:約5分/標準:約20分/しっかり:約40分
・ふとん乾燥 標準:約60分/しっかり:約80分
・その他の機能 枕脱臭、ダニ対策、くつ乾燥、小物衣類乾燥
・消費電力(50/60Hz)  445W/460W
・電源コードの長さ 約1.9m
・JANコード/ISBNコード 4549077412263

人気の記事

  1. オリジナルラベルのシャンパン作成サービス、#JACKBOTTLE
  2. 冷蔵庫専用エアフレッシュナー BerryBreeze
  3. 感震タップ とめ太郎 KD-S2115PL(デバイスネット)
  4. 水に溶ける紙 シークレットエコペーパー BasicClass(ヨウコウ・プランニング)
  5. 汗をかく季節、ビジネスマンの方にとって悩みのひとつが、汗がワイシャツに染み込んでしまうこと。脇汗も少しなら気にならないものの、大量の汗ともなると袖や胸まで広がって、ジャケットをなかなか脱ぎづらい、という方も多いのではないでしょうか。

アーカイブ

PAGE TOP