自分で作る野球盤、加賀木材の野球ゲーム

自分で組立てる木製の野球ゲーム、作る楽しみも味わえます。

一昔前、野球好きな男の子たちに絶大な人気を誇ったのが野球盤。磁石の力を利用した変化球や、消える魔球など、家族や友達と遊んだ記憶をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この野球盤、もちろん最近でも今風に進化したものが販売されていますが、今回ご紹介するのは、一風変わった野球盤で、なんと自分で作るところから始めるというもの。

自分で組み立てる野球盤、きっと一生の思い出になります。

購入時に手にするのは、完成済みのスタジアムではなく、パーツに分かれた木工材料。

野球ゲームをする前に、まずは自分でスタジアムを作るところから始める、という一風変わった野球盤が、加賀木材から販売されている、野球ゲーム

この野球ゲーム、パーツに分けられた木工材料を使い、まずはスタジアムの骨格を作り。さらに、セーフアウトの分かれ道でもあるクギ打ち、スコアを表示するスコアボードの設置など、野球ゲームとして遊ぶには、まず自分で作るところから始まります。

対象年齢は小学校高学年以上。付属の組み立て説明書をしっかり読みながら作業すれば、小学生なら2時間程で完成させられる位のレベル。

素材に使われているのは、北海道産のエゾ松など。国産の木の温もりを感じながら作業をすれば、こども達にとっては、単なる野球ゲーム以上で遊ぶ以上に得るものが多く、きっと一生の思い出になることは間違いありません。

アクリル絵の具を使って色を塗れば、オリジナルスタジアムの出来上がり。

この加賀木材の野球ゲーム。購入時には木材などのパーツには色が付いていないのも特徴。もちろん、木材そのものの色でそのまま遊ぶのもよいのですが、色を塗る楽しみも体験できるようになっています。使用するのは、一般的なアクリル絵の具。

緑が映える甲子園のようにしたい、などと本物のスタジアムを真似てみることもできるし、世界でたった1つの自分だけのスタジアムを作るのも楽しみ方の一つです。

完成系の野球盤を購入してきてそのまま遊ぶのもよいですが、こども達の想い出になるのは、組立てに少々苦労をするであろう、この野球ゲーム。

もちろん、親子で一緒に作ってみるというのも、きっと思い出深いものになるはずです。野球好きなこども達へのプレゼントとしても、自分で作る野球盤、いかがでしょう?

野球ゲーム(加賀木材)
・完成品サイズ W340×D340×H130mm
・パッケージ寸法 W255×D20×H400mm
・重さ 600g
・材質 木部:主としてトドマツ、シナベニヤ、ネジ/パチンコ玉:鉄・ヒートン、真鍮/バット:アルミ輪ゴム、天然ゴム/紙やすり:紙、酸化アルミニウム/ボンド:酢酸ビニル樹脂、水
・工作時間の目安 5~8時間
・必要な工具 カッターナイフ、かなづち、ドライバー
・JANコード/ISBNコード:4514502200449

人気の記事

  1. ticがアマゾンランキングで一位を獲得中
  2. ボタンの応急処置
  3. Joseph Joseph ネストスチーム
  4. 襟元や腋の汗ジミ対策 フレッシュマックスシャツ
  5. eRemote mini(イーリモートミニ・リンクジャパン)

アーカイブ

PAGE TOP