高精度のアルコールチェッカー

アルコール、抜ける時間を計算するよりも、アルコールチェッカーを使って測ってみた方が良い。

車を運転する方にとって、お酒を飲んだあと、どの位の時間が経てば運転することができるのか、というのは気になるところです。

酒酔い運転で35点、酒気帯び運転で25点という、非常に厳しい罰則が設けられていることでも判る通り、非常に危険な行為でもあります。自分で大丈夫だ、と思ってもお酒やアルコールが体内に残っている状態で運転をすると、事故の危険性も高まり、自分はもちろん人をも傷つけてしまう結果になりかねません。

アルコールが体内から抜ける時間は人それぞれ、単純計算だけは危険です。。

一般的な指標として、体重60kgの人が、350ml入りの缶ビールを1本飲むと、お酒・アルコールが体内から抜けるまでにかかる時間は、2時間20分程度とされています。

ところが、体重やアルコールの種類、量などを基にしたアルコールが抜ける時間の指標や計算式が、ネット上でも多数掲載されていますが、一概にその通りではない、というのが現実。

肝臓の働きなどをはじめ、体調は人それぞれでもあるし、その日の調子によってもガラっと変わってしまいます。指標上は問題ないから大丈夫、と思うのは危険であるともいえます。

世界各国の警察が使用しているものと同じ技術を用いたアルコールチェッカー。

では、どうやってアルコールが抜けたかを確認するのか、ということになりますが、ここでアルコールチェッカーの登場、というわけです。

警察による検問と同じで、息を吹きかけることでアルコールが残っているかどうかを測定してくれるアレです。最近では、高精度のアルコールチェッカーが、一般個人向けにも販売されるようになり、使っている方が増えています。

例えば、ドイツのドレゲースというメーカーから販売されている、アルコテスト3820などがそれに当たります。

ドレゲースのアルコテスト3820は、13cm×5cmに奥行3cmほどで、片手に入るサイズのアルコールチェッカー。本体に付属しているマウスピースを取り付け、そこに息を吹き込むと、測定結果が表示されるというもの。

測定にかかる時間は、わずか7秒。面倒な手間もなければ、測定も早く、ストレスを感じさせない仕様になっています。

それでいてアルコールチェッカーの本来の機能としても、非常に高精度。測定に用いられている技術は、世界各国の警察で使用されているアルコールチェッカーと同じもので、極めて正確であるといえます。

コンパクトなサイズで持ち運びしやすいほか、ドイツ製ならでのスタイリッシュなデザインも、アルコールチェッカーとは思えないほどオシャレ。

アルコールを飲んだ後に運転するならば、指標を用いてアルコールが抜ける時間を計算するよりも、アルコールチェッカーを使うことで、間違いが無くなります。

事故を起こさないためにも、交通違反を起こさないためにも、アルコールチェッカー、使ってみてはいかがでしょう。

※商品名 高性能アルコールチェッカー アルコテスト3820(ドレゲース)
・メーカー品名 Alcotest 3820
・メーカー品番 8324922
・付属品 マウスピース3個、マイクロファイバーバッグ
・サイズ 幅50mm×奥行29mm×高さ133mm
・重量 約130g (電池含む)
・測定原理 電気化学式センサー
・測定範囲 0.00~2.5mg/L
・校正間隔 12ヶ月
・センサー寿命 約4年
・対応言語 日本語、英語、中国語、韓国語
・結果データ保存 10件
・原産国 ドイツ
・その他 IFデザイン賞2016受賞

人気の記事

  1. 超強力なパイプ洗浄剤 ピーピースルーF(和協産業)
  2. 靴用ドライヤー シューズドライヤー(RED SPYCE)
  3. CCTタオル
  4. トヨペット マスターライン
  5. FREELAUNDRY (フリーランドリー・ドリーム)

アーカイブ

PAGE TOP