触れる図鑑 Vol9 つかめる水キット(ライブエンタープライズ)

水がゼリーのようにつかめるようになる、面白い実験キット。

ワクワク、ドキドキしながら実験して体験したことは、本を読んだり、映像を見るよりも、遙かに深く脳裏に刻まれます。こども達には、できることなら様々な実験に挑戦してもらいところ。

ただ実験と言っても、それを家庭でやるとなると、何を実験するのかという項目選びに始まり、何をどうすればよいのか、何を準備したらよいのか、というのは実験に慣れていない大人にとっては、ハードルが高いもの。

そこで、最近では、家庭でも手軽に実験が楽しめるように、いわゆる実験キットと呼ばれるものも多数販売されるようになっており、家庭でも比較的簡単に実験に取り組むことができるようになっています。

そんな中、今回は、水がゼリーのようになりつかめるようになる、という実験キットのご紹介です。

2つの水溶液を混ぜることで、水がゼリーのようになり、つかめる水になる。

アルギン酸ナトリウムという成分と、乳酸カルシウムという成分。この2つの粉末をそれぞれ別に水に溶かし、アルギン酸ナトリウムを溶かした水溶液を、レンゲなどに救って、乳酸カルシウムの水溶液の中に入れて、待つこと約3分。

すると、水がプルンとゼリーのように固まって、つかめる状態になるという実験ができるのが、触れる図鑑 Vol9 つかめる水キット、という実験キット。ライブエンタープライズから販売されています。

2つの水溶液が触れ合うことで、化学反応が起こり、その結果、水の表面に膜ができる、というのが実験の主な趣旨。

この実験キット、東急ハンズ新宿店では、一時期は入荷後即完売するなど、自由研究グッズのランキング1位にも輝いたほどの人気の商品です。

判りやすい解説書付き、安全性の高い成分で、こども達にも安心。

つかめる水キットは、元々こども達に実験を通じて学んでもらおう、楽しんでもらおう、ということが狙いの実験キットだけあって、実験手順や、作業そのものはそれほど難しいものではありません。小学生にちょうどよい位。

それに加えて、非常に判りやすい解説書も付いているのが特徴。単に実験だけをしようと、独自に材料だけを何とか集めることができたとしても、やはり手順やその解説は、実験には不可欠。そういう意味でも、使いやすい実験キットといえます。

また、この実験で使用されている2つの成分は、ともに食物由来で安全して使用できる点も、大きな特徴。

アルギン酸ナトリウムは、昆布やワカメなどの海藻のトロミ成分に含まれているもの。乳酸カルシウムは、トウモロコシ由来。触れることはもちろん、万一口に入ってしまっても、害はまったくありません。

2つの水溶液を触れさせることで、水がゼリーのようになって、つかめるようになる、という不思議でもあり、非常に面白い実験。こども達の心にきっと残るはずです。

触れる図鑑 Vol9 つかめる水キット(ライブエンタープライズ)
・セット内容 アルギン酸ナトリウム×1袋、乳酸カルシウム×1袋、スポイト×1、軽量スプーン×1、パレット×1、ものしりBook ×1
・注意 本製品は無害ですが、食べ物ではありません。誤飲などには十分に注意してください。
・JANコード/ISBNコード:4560453153549

人気の記事

  1. 感震ブレーカーアダプター ヤモリ
  2. しゃぼん玉の連射が楽しめる、忍者千連発しゃぼん玉
  3. 汗染みを防止するために作られたワイシャツ。
  4. シリコンが素材のシリコン粘土
  5. クビンス ジューサー

アーカイブ

PAGE TOP