スマホヘビーユーザーにおくるネックフィット枕(あしたるんるん)

スマホの見過ぎで肩凝りや首の痛み、頭痛がひどい人におすすめの枕。

スマートフォンを見過ぎると、当然ですが、顔が下方向に向かっている状態が長く続くことになります。これは、人間本来の自然な姿勢からは掛け離れたものであり、ストレートネックという症状を引き起こします。

本来、首は胴体の方から後頭部に向かって緩やかなカーブを描くようになっています。ところが、スマホの見過ぎなどで、下を向いている時間が長いと、首のカーブが矯正されてしまい、いわゆるストレートネックという状態になります。

ストレートネックは、頭痛や極度の肩凝りなどを引き起こしますが、ストレートネックという症状自体があまり知られているものではないため、単なるスマホのやり過ぎで済まされてしまい、これらの症状がなかなか改善されないことも多いようです。

そこで今回は、スマホのやり過ぎによるストレートネック対策として開発された枕をご紹介します。

首を反らせる工夫がなされた枕、前屈みになりがちな方におすすめです。

首から後頭部にかけて少しを厚みを持たせることで、首を自然に反らすことができるという、ストレートネックの矯正を目的に作られた枕が、スマホヘビーユーザーにおくるネックフィット枕、という商品。

商品名そのままに、スマホの使い過ぎで、首や肩の凝り、頭痛がある方向けの枕です。

この枕のおすすめポイントは、
・頭をのせれば、自然に首が反る形になり、ストレートネックの矯正ができること。
・首の部分にはデコボコの形をしたウレタンフォームが入れてあるため、マッサージ効果があること。
・枕の高さを調節するためのウレタンシートが付属していること。
・肌触りがよく、吸水性、速乾性に優れた生地が採用されていること。
・日本製であること。

スマホヘビーユーザーにおくるネックフィット枕は、頭を乗せると首から後頭部にかけて反るような自然な姿勢が取れます。そのため、日頃スマホのやり過ぎが原因で起こるストレートネックを矯正しながら、眠りに付くことができます。

頭の部分と首の部分では、それぞれ違うウレタンフォームを素材として使用しているのが特徴。頭はやさしく包み込むような感覚、一方で、首の部分は少々固めの作りになっており、しっかりと首が支えられるようになっています。

高さ調整が可能だったり、肌触りのよい生地を採用するなど、使いやすさが考えられた枕でもあります。

この、スマホヘビーユーザーにおくるネックフィット枕は、ストレートネックの矯正のために開発された枕ですが、ほかにも、枕としての使いやすさを追求した工夫が施されています。

まず、枕を購入するにあたり、一番気になるが、枕の高さ。多少高めが好き、逆に低目が好きだったり、枕の好みの高さは人それぞれ違います。

その点、この枕は、好みの高さに近づけられるように、購入時に高さ調節用のウレタンシートが2枚付属してきます。このウレタンシートを頭の部分や首の部分に入れることで、自分の好みの枕に調節できるようになっています。

また、枕につきものの汗。人間は寝ている最中にも多くの汗をかきますが、それは頭の部分も同じ。

残念ながら、枕の中の素材であるウレタンは洗濯することができませんが、その替わりに表面を覆う生地には、速乾性、吸汗性に優れて、かつ肌触りのよいミラキュラスクールという特殊な生地を採用しているため、心地よく眠ることができます。

肩凝りや首の痛み、頭痛がひどく、考えてみればスマホの使い過ぎかなと思い当たる方は、試してみる価値のある枕といえます。

※商品名 スマホヘビーユーザーにおくるネックフィット枕(あしたるんるん)
・素材 側地:ポリエステル100%/中材:ウレタンフォーム
・サイズ 約50cm(ウレタンシート幅約45cm)×約33cm×約8cm(側地を含めた実寸)
・JANコード/ISBNコード:4580481660680

人気の記事

  1. チルチューブ
  2. 犬の毛、猫の毛用の掃除道具、ketori
  3. サーフボードにペイントするために作られたペン。
  4. リラックスゆたぽん 目もと用 男性用サイズ(白元アース)
  5. 超電水クリーンシュ!シュ!

アーカイブ

PAGE TOP