Ta-Da Chair[ターダチェア](アロン化成)

ワンタッチで椅子になる杖。

外出する際に杖が必要な方にとっては、その道中や目的地で座れる場所があるかどうかというのは、非常に気になるところです。杖を椅子としても使えるようにすれば、そういった心配がなくなり、多少なりとも精神的な負担なく、出掛けられることになります。

そこで今回は、杖でありながら、ワンタッチで椅子にもなるという1台2役の商品をご紹介します。

わずか3秒、ワンタッチで杖から椅子になる「ターダチェア」。

歩行の際には杖として使用し、電車やバスを待つ間や、列に並ぶ際、ちょっと休憩したいときには、椅子としても使えるが、ターダチェア(Ta-Da Chair)という杖。衛生用品や介護用品の製造・販売を行っているアロン化成から販売されています。

このターダチェアのおすすめポイントは、
・ワンタッチ、3秒ほどで杖が椅子になること。
・920gと超軽量であること。
・ロック機能や先端にはゴム素材を使用、安全面に配慮されていること。
・強化アルミ合金などを素材として、耐久性に優れていること。

ターダチェアの一番の特徴ともいえるのが、杖の状態から、椅子にするにはツマミの部分を指で回すだけと非常に簡単であること。使用するのは指2本、掛かる時間もわずか3秒程度と、難しい組立て作業などもなく、誰にでも簡単に使えます。

また、椅子として使った後に、杖に戻す際も同様に簡単。2段階の折りたたみ作業が必要になりますが、それでも10秒もあれば充分。折りたたみの工程を2段階にすることで、かえって力を入れずに杖に戻せるようになっています。

杖に椅子としての機能を付加させながら、総重量はわずか920gと1kgを切るほど超軽量で持ちやすい仕上がり。しかも、多少重みを感じるはずの座面部分が、杖の上部に設置されているため、バランスがとりやすく、手の負担が軽減されるように設計されています。

耐久性や安全性も考慮された、本格的な杖。

杖でありながら、椅子としての役割も果たすターダチェアですが、耐久性や安全性などにも配慮された作りであることも、特徴です。

杖から椅子にした際には、座面部分に自動でロックが掛かる方式を採用。加えて、脚部もロックされるので、2重のロックが効くようになっています。

また、地面に接する先端部分には滑り止めのゴムが付いているため、地面の種類を問わず滑り止め機能が働くようになっています。

気になる耐久性ですが、体重の負担が掛かる脚部には、軽量ながら強度の高いアルミ合金が使用されています。耐久性のグレードとしては、航空宇宙業界でも採用されいるほど強固なものといえます。

杖についている座面の部分は、シンプルですっきりと収まる形に仕上げられており、杖として使用する際でも邪魔にならないデザインになっています。

カラーは、背もたれと座面の部分の色で、ブラック、ライムグリーンなど4種類が用意されています。

椅子としても使える杖、杖としても使える椅子、非常に便利な商品であることは間違いありません。

※商品名 ターダチェア[Ta-Da Chair](アロン化成)
・カラー 全4種(ブラック、ライムグリーン、ローズレッド、ブラウン)
・サイズ 杖形状:幅13.5×奥行8.5×高さ85cm/椅子形状:幅32×奥行50×高さ71cm/座面高さ:51cm
・商品重量 920g
・材質 アルミニウム/ポリプロピレン/ナイロン/ゴム/ステンレス
・JANコード/ISBNコード 4970210857816 ほか

人気の記事

  1. ポータブル スーツ ハンガー
  2. 畑のレンタルサービス「シェア畑」
  3. ポータブル・スーツハンガー
  4. あずきのチカラ 首肩用(桐灰化学)
  5. スマホで充電 レスキューケーブル for microUSB

アーカイブ

PAGE TOP