3D時計 マニフォールドクロック

立体的に動く時計、1枚の平面が時刻を刻む。

3D時計 1枚の平面が時刻を刻む時計

イスラエルのデザインスタジオ、スタジオベーの作品である、3D時計 マニフォールドクロック。

2010年にスタジオベーを立ち上げたのは、Holon工科大学の卒業生のHay CarmonとBen klinger の2人のイスラエル人。彼らは工業デザイナーで、数学的が概念を用いたデザインを得意としていました。

この2人が作り上げた3D時計、マニフォールドクロック、ライトクロックの2つの時計は、実に1,000人以上の投資家により支持を受け世界に発表される至りました。

今回日本で発売を開始したマニフォールドクロックは、1枚の平面で時計の長針と短針を表示しているところが大きな特徴です。1枚の平面を立体的・3Dとして動かすことによって、時刻を表示しています。

この3D・立体的な動きは、数学者でもあるデザイナーが、時計の動きに数学的概念を持ち込むことで完成させたもので、横からは人が螺旋階段を登っているように見え、また上からは、円の中を歩いているよう見える、非常に面白い動きで時刻を表示してくれます。

世界を「もっともっと面白い場所にしたい」、2人の工業デザイナーの想いが見事に表現された時計で、現在では世界各地で好評を得ています。

とてもシンプルだけど、面白みのある立体的な動きで時刻を表示する、マニフォールドクロック。お部屋に飾ってみてはいかがですか?

人気の記事

  1. フレッシュマックスがファッションスナップドットコムで紹介されました
  2. ぼっちてんとサウナ(BIBILAB)
  3. 移動式 お留守番カメラ ilbo(エクストラン)
  4. CCTのチルチューブで首元の暑さ対策を
  5. プラスチック アイデア次第で使い方は無限に広がります。

アーカイブ

PAGE TOP