Withings Body Cardio Black(Withings・ウィジングズ)

最新の体重計、計測するとデータを自動でスマホに転送してくれます。

日々、体重を計って確認することは健康管理の第一歩です。できれば、測った体重はデータとして保存し、推移を把握しておきたいところですが、メモをしたりするのは少々面倒。

そこで今回は、計測した体重などの数値が、操作不要で自動的にスマートフォンと連携される、非常に便利な体重計をご紹介します。

体重計に乗ると、自動的にスマホアプリに数値を連携、いつでも確認できるようになります。

健康管理やダイエットに欠かせない体重管理ですが、体重管理のポイントは、その推移を把握しておくこと。もちろん、一時的な体重を知っておくことも必要ですが、より自分の身体を知るためには、やはり日々管理することが大切です。

この点、一般的な体重計の場合には、計った体重を手帳やカレンダーなどにメモするわけですが、その作業自体が面倒ですし、書いたメモを失くしてしまうとも限りません。

そこで、現代で多くの人が持っているスマホに入力することも方法の一つですが、毎日の入力作業となると、やはり三日坊主になる惧れもあります。

そこで便利なのが、体重を測定すると、自動的に数値がスマホに連携されるという機能のついた、Withings Body Cardio Black(Withings・ウィジングズ)という体重計です。

Withings Body Cardioのおすすめポイントは、
・体重を測ると、数値が自動的にスマホと連携できること。
・体重以外にも、体脂肪、耐水分立、筋肉量、骨量が計測できること。
・加えて、心血管の状態も把握できること。
・厚みが約1.8cmと極薄で、デザインもスタイリッシュであること。
・アプリで体重などの目標設定を設定でき、それに対するアドバイス機能もあること。

Withings Body Cardio Blackは、最初の設定だけを済ませれば、あとは測るたびに自動的にスマホと連携され、データが蓄積されます。これらのデータがスマホでいつでも閲覧できるので、通勤電車の中や外出先のちょっと空いた時間でも確認できるというわけです。

また、体重計そのものとしても、アルミをベースにしたシンプルなデザイン。しかも、体重計でありながら2cmを切る薄さ、とにかくスタイリッシュであることも魅力的です。

世界初、脈波伝播速度を計測できる体重計、高血圧リスクの測定も可能になっています。

最近の体重計は様々な機能を備えているものが多く、体重のみならず、体脂肪、体水分率、筋肉量、骨量などを測れるようになっており、このWithings Body Cardioでもそれは当然測れます。

加えて、心臓や血管、いわゆる心血管の状態を測定できるのも大きな特徴。心拍と、高血圧のリスク度合いを示す数値でもある脈波伝播速度を測定できるようになっています。

脈波伝播速度というのは、心臓の動きが伝わる速度から、血管、主に動脈の硬さを見るもので、血管年齢などは、この脈波伝播速度を使って計算されています。

これまで家庭用の体重計で、脈波伝播速度を測れるものはなく、このWithings Body Cardioが世界初ということになります。

このWithings Body Cardioを使えば、体重だけではなく、様々な数値を日々計測し、その数値の推移を把握し、問題があるようだったら早めに対処する。そういった本当の意味での健康管理ができるようになります。

※商品名 Withings Body Cardio Black(Withings・ウィジングズ)
・サイズ W327×D327×H19mm
・重量 2.6kg
・保証期間 ご購入日より1年間
・製品構成 Body Cardio、USB充電ケーブル、クイックスタートガイド、保証書
・用途 スマート体重計
・カラー 2種類(Black、White)
・JANコード/ISBNコード 3700546701559 ほか

人気の記事

  1. ネット申込できる法人用の自動車保険。
  2. プラフレンドをお湯につけて柔らかくした状態
  3. 電子タバコ VPone(ヴィーピーワン)
  4. プラフレンド 作品
  5. 液晶保護はガラスがおすすめ

アーカイブ

PAGE TOP