ジェルトロン ベビーまくら ドーナツタイプ(ジェルトロン)

赤ちゃんの頭の形を整えるための枕。

お子さんをお持ちの方にとって、お子さんが寝る際の向きグセは非常に気になるところです。

特に、赤ちゃんとして生まれてから2歳位までは、頭の骨も柔らかいため、寝る姿勢や向きは、頭の形に大きな影響を及ぼすと言われています。

そこで今回は、向きグセのある赤ちゃんのために開発された枕をご紹介します。ドーナツ型の形状であることはもちろん、頭や首を支える個所に特殊な素材が使用されていることが特徴です。

お菓子のグミのような柔らかい感触の特殊素材(ジェルトロン)が、首や頭を支えるベビー用の枕。

赤ちゃんの頭がすっぽりと枕に中心に位置するように、形はドーナツ型。その周囲にはジェルトロンという特殊な素材を入れ込むことで、優しく頭や首を支えることができるのが、ジェルトロン ベビーまくら ドーナツタイプという赤ちゃん用の枕。赤ちゃんの向きグセ対策や頭の形を整える枕として人気になっています。

ジェルトロン ベビーまくら ドーナツタイプのおすすめポイントは、
・グミのような特殊な素材が、頭や首をやさしく支えること。
・通気性に優れていること。
・水で丸洗いができること。
・ホコリが溜まりにくいこと。
・チャイルドシートやベビーカーでも使えること。

このベビーまくらの特徴は、ジェルトロンという素材が使われていること。ジェルトロンとは、素材としては聞き慣れないものですが、低反発で知られるポリウレタンの一歩先を行くともいえる素材で、アメリカで開発されたものです。

ジェルトロンは、お菓子のグミのような柔らかい感触で、それを立体的な格子のように組み込んだもの。ソフトで柔らかい感触と、通気性の良さ、さらにウレタン素材と比較すると耐久性があることが特徴です。

この素材を側頭部や首に入れることで、不安定な赤ちゃんの頭や首を適度に支え、心地よい寝心地に加え、頭の形を整えるというものです。

ポリウレタンのデメリットを解消したのが、ジェルトロン。

枕やマットの素材として、現在でも根強い人気を誇るのが、低反発のポリウレタンです。低反発のポリウレタンは、沈み込むような感じで、身体の力を分散させることで、身体への負担を少なくするというものです。

ところが、ポリウレタンには、多少の欠点があることは知られています。例えば、垂直方向にしか力を吸収できないため、寝返りや身体をネジったときなどには、少々違和感を感じます。

また、通気性に優れているとはいえず、使用時には蒸れを感じたり、洗えないことも衛生面から考えると不安な点です。

その点、ジェルトロンは、垂直(上下)方向だけではなく、身体や頭が横に向いた際などにも、その力が上手く吸収されるようにできているので、寝返りをするときや、頭や体の向きを変える際にもスムーズに動くことができます。

また、ジェルトロンは、ポリウレタンと異なり、水洗いできることも特徴の一つ。特に、寝ているときにも大量の汗をかく赤ちゃんの枕が洗えるというのは、理想的でもあります。

赤ちゃんの頭の形を整えるためには、乳幼児期の寝る姿勢や枕選びが重要なポイントとなります。ちょっと向きグセの傾向が出てきた、頭の形が変わってきた、そういうときには、ジュエルトロンのベビー まくら、検討の価値は大いにありそうです。

このジェルトロン素材を使った枕として、今回は赤ちゃん用の枕をご紹介しましたが、もちろん、大人用の枕やマット、クッションなども販売されています。

※商品名 ジェルトロン ベビーまくら ドーナツタイプ(ジェルトロン)
・サイズ W22×D20.5×H3cm
・側地 綿70%・ポリエステル30%
・中材 ジェルトロン2cm(熱可塑性エラストマージェル)、高通気フォーム(ポリウレタン)
・JANコード/ISBNコード:4571172894163

人気の記事

  1. 浮く水着。
  2. iPhone落下防止アイテム VIVA!HERO(ビバ!ヒーロー・brain child)
  3. 料理のいろは 大さじ小さじ計量カップ
  4. 諏訪田(SUWADA) 新型 栗くり坊主(諏訪田)
  5. サージ ブラジリアンワックス

アーカイブ

PAGE TOP