つかみもみマッサージャー MD-420(THRIVE/スライヴ)

新しいタイプの肩コリ用のマッサージ器、掴んで揉めるアーム付き。

肩や首のコリを手軽にほぐすことができる、家庭用のマッサージ器が相変わらず人気です。肩コリ用のマッサージ器というと、マッサージチェアーなどの大型のイス型のタイプや、クッションのようなタイプが一般的です。

どちらも身体を預けて、凝った部分を内蔵されている揉み玉に当ててほぐすものですが、人の手によるマッサージと比べて、少々物足りないと感じるのは、患部を「掴む(つかむ)」という感覚がないことです。

そこで、今回は肩コリ用のマッサージ器としては、新しいタイプともいえる「掴み揉み」を実現したマッサージ器をご紹介します。

人の手によるマッサージに使づいた「つかみもみマッサージャー」。

自宅にいながら手軽にマッサージができるのが、家庭用のマッサージ器です。この家庭用マッサージ器にあって、また一つ、人間の手によるものに近づいたといえるのが、つかみもみマッサージャー MD-420。THRIVE(スライヴ)から販売されています。

従来の家庭用マッサージ器は、凝った部分を内蔵されている揉み玉を当てて、その動きでコリを解消させるものでした。

ところが、つかみもみマッサージャーは、商品名の通り、凝った部分に揉み玉に当てるだけではなく、アームを付けることで、つかみもみが出来るようになっているのが特徴。凝った部分を、掴んでほぐすという、人の手によるマッサージに近づいたものといえます。

つかみもみマッサージャーのおすすめポイントは
・もみ玉を支えるアームが付いており、掴み揉みが体感できること。
・肩や首はもちろん、腰や足などにも使えること。
・ハンディータイプながら、パワフルなもみ心地であること。
・実勢価格6,000円前後と手頃な価格であること。

これまでのマッサージ器の進化といえば、内蔵されている揉み玉の形状やその動きだったり、マッサージ器を覆う表面の素材を工夫などによるものでした。

これらは、凝った部分をほぐすという直接的な意味では、確かに進化といえましたが、肩や首などのコリを解消するためには、やはり人の手によるマッサージの様に、掴んでもむ、ということが求められます。

それを、マッサージ器にアームを設けることで、それを実現したのが、このつかみもみマッサージャー、というわけです。

アーム部分と揉み玉の双方が身体にフィットし、適度な力で掴む状態になるので、揉み玉に当てるだけに比べても、想像以上のマッサージ効果が得られます。

グリップ部分を握って使うので、当てる位置の微調整がしやすい。

つかみもみマッサージャーには、グリップが設けてあり、使う際にグリップ部分を握って患部に当てる仕組みを採用しています。これは、これまでのチェアーやシートタイプなどの家庭用マッサージ器と大きく異なる点です。

手で持って使うことで、当てる位置を微調整できることのも、マッサージ器としては魅力的な点でもあります。そのため、元々は首や肩用として開発されたマッサージ器ではありますが、脚や腰などにも使えます。

年々進化を遂げる家庭用マッサージ器ですが、掴んで揉みができる、というさらに進んだつかみもみマッサージャー、肩や首などコリでお悩みの方には使っていただきたいマッサージ器です。

※商品名 つかみもみマッサージャー MD-420(THRIVE/スライヴ)
・カラー 2種類(レッド、ウォームグレー)
・用途 首・肩のマッサージ機
・サイズ 幅37cm×奥行44cm×高さ18.5cm
・重量 約1.9kg
・もみ回数 速:約22回(分)/遅:約12回(分)
・材質 本体: ABS樹脂/布カバー:ナイロン、ポリエステル混紡
・付属品 アダプター
・医療機器認証番号 227AKBZX00079000
・医療機器の種類 管理医療機器
・一般的名称 家庭用電気マッサージ器
・オートタイマー 約10分
・アダプターコード長さ 約1.8m
・電源 AC100V(50/60Hz)
・消費電力 30W
・保証期間 1年
・付属品 ACアダプター、取扱説明書(保証書含む)
・JANコード/ISBNコード 4975287606176

人気の記事

  1. カード型ゴルフティがオリジナルで作れます
  2. ナンダクロッキー(NANDACLOCKY)
  3. 鍵の置き場所を忘れないためのアイデアグッズ shinoji3 Switch Plate
  4. 目の疲れにエクリア アイフレッシュ HCM-REA01
  5. 業務用 ソリス ドライヤー

アーカイブ

PAGE TOP