かぶって寝るまくら IGLOO イグルー(PROIDEA)

光や音を遮断する枕、包まれた空間で心地よく眠れます。

眠るときに、周囲の音や光が気になる場合に使うのが、アイマスクや耳栓です。特に、仕事の都合などで日中に睡眠を取る必要がある方などにとっては必需品ともいえます。

ところが、アイマスクや耳栓だと、どうしても圧迫感や窮屈感を感じてしまい、なかなか心地よく眠るというわけにはいきません。

そこで今回は、頭がすっぽりと入るドーム型の枕をご紹介します。音や光を遮断してくれるので、自分だけの空間で眠ることができます。

ドームの中で包まれて眠る心地よさ、を体感できる「かぶって寝る枕」。

寝るときには、頭をすっぽりとドームの中に入れることで、周囲の音や光を遮断し、心地よい眠りに誘ってくれる枕が、かぶって寝るまくら IGLOO イグルー。PROIDEAから販売されています。

ドームの中に頭を入れることで、一見窮屈そうな感じもしますが、これが意外や意外で、適度な閉塞感によって、かえって安心感が生まれるほどです。

かぶって寝るまくら IGLOOのおすすめポイントは、
・一般的なウレタンと比較すると、126%と高い吸音率であること。
・99.9%と高い遮光率を誇ること。
・寝返りが打ちやすい枕として設計されていること。
・枕の固さや高さが調節できること。
・睡眠を専門とする医師が監修した枕であること。

かぶって寝るまくら IGLOOは、睡眠の専門医の監修の元で作られているだけあって、良質の睡眠を得られるように、細かい所にまで配慮がなされています。

周囲の音をさえぎるために、採用されドーム表面には吸音スポンジが採用されています。これにより、通常のウレタンと比較しても、約126%と非常に高い吸音率を実現。

また、光を遮断するために、ドーム内部にアルミシートを入れてあり、その効果は、99.9%の遮光率とこれまた高い数値が記録されるほど。

こういった音と光への対策に加え、ドーム特有の適度な閉塞感が、心地よく良質な睡眠に誘ってくれます。

寝返りの打ちやすさなど、枕本来の機能も考えられた設計。

ドーム型で頭をすっぽり入れるタイプの枕といっても、適度な空間は保たれているので、寝返りの際に邪魔になることはありません。

それどころか、寝返りが打ちやすいように枕内部の構造が工夫されているのも特徴。柔らかい綿を最上部に、続いて、硬めのウレタン、柔らかめのウレタンと、頭を動かしやすい3層構造になっています。

また、枕の高さや硬さを好みに応じて変えられるのも、嬉しいところ。ウレタンの方向を変えたり、綿を抜いたりできる仕様になっています。

音と光を遮断し、適度な閉塞感、やさしく包まれて眠る心地よさを、かぶって寝るまくら IGLOOで、ぜひ体験していください。

※商品名 かぶって寝るまくら IGLOO イグルー(PROIDEA)
・サイズ ドーム:幅72×奥行55×高さ36cm/枕:幅58×奥行44×高さ13cm
・重量 1,235g
・材質 ドーム:綿、ポリエステル、ウレタン、ポリエチレン、アルミ、RET/枕カバー:綿60% ポリエステル40%/枕中身:ウレタン、綿、不織布
・JANコード/ISBNコード:4531661058360

人気の記事

  1. 網掃除に最適、エココッパークロス
  2. ワイシャツの汗染み
  3. イギリス ニューキャッスル生まれの紅茶ブランド、ティーシェッド
  4. ボタンを付ける方法
  5. AQUA 衣類エアウォッシャー RACOOON(ラクーン) AHW-SR1(AQUA)

アーカイブ

PAGE TOP