ChecKEY(チェッキー・美和ロック)

カギを掛けたか不安、を解消してくれるアイテム。

朝の忙しい時間にバタバタと出掛けて、電車に乗ったり、オフィスに着いてから、あれっ、鍵はちゃんと掛けただろうか、と不安になることは多いものです。

鍵を掛けたかどうかというのは、一度気になりだすと、いてもたってもいられなくなり、仕事どころではなくなってしまいます。

そこで今回は、カギに付けておくだけで、鍵を掛けたかどうかがひと目で判るという、便利なアイテムをご紹介します。色の変化で判別できるので、誰にでも分かりやすいのが特徴です。

カギを掛けかどうかが、色の変化でわかる、ChecKEY(チェッキー)。

5cm×3cm、厚みが約1cmに表示窓がついた小さなボックス。

これに、手持ちのカギを差し込んでおけば、カギを掛けたかどうかを、色の変化で知らせてくれるというのが、ChecKEY(チェッキー)という、カギの閉め忘れ防止用のアイテム。カギの総合メーカーである美和ロックから販売されています。

ChecKEY(チェッキー)の窓に表示されている色を見ることで、カギを掛けたかどうか、瞬時に判るので、仕事場や外出先でも、不安になることはなく、また、出勤途中に戻って確認する必要も無くなります。

ChecKEY(チェッキー)のおすすめポイントは、
・表示される色で、鍵を掛けたかどうかが判ること。
・手持ちのカギに差し込むだけで使えること。
・色の変化を見ればよいので、誰にでもわかりやすこと。
・実勢価格が1,000円前後と手頃な価格であること。

ChecKEY(チェッキー)は、カギを鍵穴に差し込んで、回転させて施錠・開錠すると、表示窓の色が変わります。

色の変化は、カギを施錠するタイプが右回しか左回しによって異なります。例えば、左回しでカギが掛かるタイプであれば、橙(オレンジ)色に、右回しで掛けるタイプであれば、白色になります。いずれにせよ、色の変化を確認するだけなので、誰にでも判りやすいのが特徴です。

購入時には手持ちのカギに使えるかどうかは、要確認。

カギを掛けたかどうかを、色の変化で教えてくれるという、非常に便利なChecKEYではありますが、購入時には、手持ちのカギがChecKEYに対応しているかどうかの確認は必要になります。

まず、使えるのは、美和ロック社製のカギで、カギ自体に「MIWA」の刻印が単独で入っているもの。ただし、美和ロックのキーはシェアが高く、多くの方が該当するようです。

また、使用上の注意としては、ChecKEYが表示するのは、カギが掛かっているかどうかの状態を示すものではなく、カギを掛けたという履歴を表示するものであることです。

例えば、家族間など複数人数で使用する場合には、自分がカギの操作を行ったあとで、別の人間がカギを開け閉めした場合には、それらは反映されません。

とはいえ、一人暮らしの方や、家族間でもルールを定めて使用すれば、問題なく使用できるChecKEY。これまでの外出先での不安を感じることから解消される、便利なアイテムであることは間違いありません。

※商品名 ChecKEY(チェッキー・美和ロック)
・サイズ 53mm×35mm×13mm
・重量 16g
・装着可能キー MIWA(ミワ)U9/UR/PR/PS(上記製品であればノンタッチキーも可)
・材質・仕上 ポリカーボネート/白色
・メーカー品番 M00023-0
・JANコード/ISBNコード 4571313890023

人気の記事

  1. にぎらずに作れる 爆弾おにぎりケース(オーエスケー)
  2. ドア・窓チャイム(REVEX)
  3. 虫刺されに、ポイズンリムーバー(エクストラクター)
  4. アクセサリーを作るのにプラフレンドを使用しています。
  5. コンフォートトップ イチロー 足裏マッサージ器 コンフォートトップ

アーカイブ

PAGE TOP