めざましイヤホン NMR10(キングジム)

電車の乗り過ごしを防止する、新しいタイプのアラーム。

電車に乗っている時間は、睡眠のための大切な時間、という方にとっては、特にこの季節、足元も暖かく、ついつい熟睡してしまいがちです。

そうなると、問題は降りる予定の駅で起きることができず、乗り過ごしてしまうこと。携帯やスマホのアラームは、周囲の音にかき消され、バイブの振動は、電車の揺れと衣類に吸収されてしまいます。

そこで今回は、電車の乗り過ごしを防止するための、新しいタイプのアラームをご紹介します。耳にはめたイヤホンが振動するので、アラームを直に感じられるという、これまでにない目覚ましグッズといえます。

時間がくれば、イヤホンが振動して起こしてくれる「めざましイヤホン」。

電車に乗って、イヤホンを両方の耳にはめて、本体で到着予定時刻をセット。あとは、何も気にすることなく眠りにつく。

セットした時刻がくると、耳にはめているイヤホンが振動して、降車予定の駅が近づいたことを教えてくれるというのが、めざましイヤホンという商品。キングジムから販売されています。

このめざましイヤホンは、振動・バイブレーションを、イヤホンを使って直接耳に伝えるのが、大きな特徴です。

バイブレーション機能といえば、携帯やスマホにも搭載されていますが、携帯やスマホと違って、衣類やバッグなどに、その振動が吸収されることがなく、これなら間違いなく気づき、起きられるであろう、というものです。

めざましイヤホン NMR10のおすすめポイントは、
・直接耳に振動を感じさせるので、気づかないことがないこと。
・周囲の音や振動に、影響されないこと。
・音を立てることがないので、周囲を気にすることなく使えること。
・本体は、コンパクトサイズで超軽量なこと。
・時刻をセットのほか、○○分後というセットの仕方もできること。

めざましイヤホンの内部には、振動モーターが内蔵されており、セットした時刻になると、この振動モーターが起動し、イヤホン自体に振動が感じされるという仕組みになっています。

振動させたい時間のセットの仕方は、2通り。単純に、○○時○○分と時刻でセットする方式か、○○分後というようなタイマー方式。場面に応じて使い分けることができます。

音が鳴らないから、周囲を気にすることなく使えます。

めざましイヤホンは、アラームという役割を持ちながら、音が鳴らないため、周りに迷惑を掛けることなく、どこでも使えるのも魅力的です。

電車内は元々騒音があるため、それほどではないせよ、例えば、図書館や病院などの待合室、静かなカフェやオフィスなどでは、その威力を発揮します。

本体は、約10cm×3cmに高さが2cmほどのサイズ、重さも50gとコンパクトかつ軽量。ポケットやカバンに入れておいても、邪魔になることもありません。

電車の中は貴重な睡眠時間を確保する場所という方、静かな場所でアラームを使いたい方、めざましイヤホン、その使い道は意外と多そうです。

※商品名 めざましイヤホン NMR10(キングジム)
・サイズ 幅106×奥行30×高さ20mm(イヤホン・コード含まず)
・カラー 白
・重量 約50g(電池・ステレオミニプラグケーブル含まず)
・画面 TNモノクロLCD(数字・アイコン表示)
・セット範囲 アラーム機能:1分単位、最大24時間00分/タイマー機能:1分単位、最大99分
・電源 単4アルカリ乾電池または単4形エネループ×1本(別売)
・電池寿命 アルカリ乾電池使用時 約6ヶ月・エネループ使用時 約4ヶ月
・コード長 本体:1.1m(Y型)/ステレオミニプラグケーブル:約50cm(ストレート-L型)
・インターフェイス 3.5Φステレオミニジャック(外部入力端子)
・精度 月差±30秒
・セット内容 本体、イヤピース(XS,S,M,L)、ステレオミニプラグケーブル、取扱説明書(保証書付)
・JANコード/ISBNコード:4971660773756

人気の記事

  1. evercook 26cm(ドウシシャ)
  2. 脇汗の心配がいらないワイシャツ
  3. 汗をかく季節、ビジネスマンの方にとって悩みのひとつが、汗がワイシャツに染み込んでしまうこと。脇汗も少しなら気にならないものの、大量の汗ともなると袖や胸まで広がって、ジャケットをなかなか脱ぎづらい、という方も多いのではないでしょうか。
  4. ボタンのつけ方 ticを使って簡単に
  5. フリスクマスク(エアスペース)

アーカイブ

PAGE TOP