Smart Kettle(スマートケトル)(レコルト)

温度設定ができる電気ケトル、用途に応じた温度でお湯が沸かせます。

手軽にお湯が沸かすためのものといえば、元気ケトルです。電気ポットに比べると、容量が小さいのが一般的で、コーヒーや紅茶、カップラーメン用に、ちょっとお湯が必要なときに便利です。

ところが、この電気ケトルのデメリットといえば、温度設定ができないこと。本当であれば、用途によってお湯の温度を替えたいところですが、単に沸騰させるだけ、というものがほとんどでした。

そんな電気ケトルですが、つい最近、温度設定ができるタイプの電気ケトルの販売が開始され話題になっています。

上限100℃から、5℃刻みで温度設定ができる電気ケトル「スマートケトル」。

形やサイズ感は、これまでの一般的な電気ケトルと、そう大きな違いはないものの、電気ケトルに欲しかった、温度設定の機能がついたのが、スマートケトル(Smart Kettle)。レコルトから販売されています。

スマートケトルは、100℃を上限として50℃までの間で、5℃単位で細かく温度設定ができるようになっています。

Smart Kettle(スマートケトル)のおすすめポイントは、
・5℃刻みで、沸かすお湯の温度を設定できること。
・30分間の保温機能がついていること。
・表示画面に、現在の温度が表示されること。
・操作パネルもシンプルで、使いやすいこと。
・沸いたことを知らせるアラーム機能がついていること。

コーヒーを飲みたいから90℃、紅茶を飲みたいから95℃、カップラーメンを食べたいから100℃、というように、用途に応じて使い分けできるのは、電気ケトルとしては非常に魅力的です。

操作パネルは、非常にシンプル。温度を表示する画面と、温度設定ボタン、ON・OFFのスイッチボタンのみで構成されており、使いづらいということがありません。

設定温度に達したら、30分間はそのまま保温しれくれます。

もう一つ、電気ケトルにあったらよいな、と思えるのが保温機能です。

保温機能がついていないと、沸かしている途中に、電話やメール、LINEが入ったりすると、ついつい忘れて、もう一度沸かし直し、なんていうことが多々あります。

その点、このスマートケトルには、保温機能も搭載されており、設定した温度にお湯が沸くと、自動的に保温機能に切り替わるようになっています。

しかも、保温時間は、長過ぎず、短すぎずの30分間。電気ケトルの使用用途を考えると、丁度良い時間ともいえます。

このほか、手入れがしやすいように、間口が広めに作られていたり、注ぎ口はメッシュが入っており、注ぐお湯の量を加減しやすいなど、様々な工夫がなされています。

便利だけど、もう一歩という思いのあった電気ケトル、スマートケトルなら十分役割を果たしてくれそうです。

※商品名 Smart Kettle(スマートケトル)(レコルト)
・セット内容 本体、電源プレート
・サイズ 幅20×奥行14×高さ21.5cm
・重量 1.05kg
・材質 ステンレス、ポリプロピレン
・棟梁 1リットル
・定格電圧 100V 50/60 Hz
・消費電力 1000W
・温度調節 50~100℃(5℃単位での設定)
・自動保温 30分
・その他の機能 自動電源OFF機能、空焚き防止機能
・カラー 2種類(ホワイト、ブラック)
・JANコード/ISBNコード:4582180204004 ほか

人気の記事

  1. 電子レンジ ヘルシーシェフ MRO-SV3000 R(日立)
  2. 防災グッズ ディフェンドフューチャー(DEFEND-FUTURE)
  3. ポータブル・レコードプレーヤー フォノクリッパー(クマザキエイム)
  4. サンナホルトリートメントシャンプープレゼント
  5. 空間除菌・消臭剤 置いといてよかった

アーカイブ

PAGE TOP