立体的な動きをする3D時計 マニフォールドクロック

1枚の平面で時刻を表示 マニフォールドクロック

1枚の平面で時刻を表示 見る角度の違いも楽しめる3D時計 マニフォールドクロック

なんとも不思議な動きをする時計、マニフォールドクロック。1枚の平面が立体的な動きで時刻を表示する3D時計。仕掛けはシンプルだけど、見ている人を惹きつける力を持っています。

数学的な考えを時計の動きに取り入れることで、この特徴的である立体的な動きを作り出しており、横から見た感じ、上から見た感じ、と角度により時計の動きが違ってみることも、このマニフォールドクロックならではのものです。

1枚の平面として使用しているのは、エンデューロペーパー。樹脂に髪をラミネートした特殊素材で、破れにくく、そして鮮やかな色で時計を表現しています。

このマニフォールドクロックは、イスラエルのデザインスタジオ、スタジオベーの作品。
スタジオベーは、2人の工業デザイナーが数多くの投資家の支援を受けてイスラエルで立ち上げたスタジオ。このマニフォールドクロックをはじめとして、見る人を楽しませる作品を次々と世に送り出し、現在では世界中から注目されています。

スタジオベーの数々の作品は、自ら設計し、生産するという、作品の完成まですべての過程を自らで行っており、それはスタジオベーのこだわりでもあります。

世界をただ面白い場所にしたいというコンセプトで創られた作品は、印象的で、誰もがずっと見ていたい、そんな気分にさせる作品です。

スタジオベーの日本登場、第一弾の作品、マニフォールドクロック、インテリアとしても好評です。

人気の記事

  1. 風呂用ブックカバー ユウブミ(湯文)
  2. ルルド ホットエリア AX-KN230(アテックス)
  3. 部屋干し番湿温度計(ドリテック)
  4. ランキング一位を獲得
  5. illumy(イルミー)(ウェザリージャパン)

アーカイブ

PAGE TOP