gooper 3本セット(グーパー・イメージクラフト)

伸縮できるハンガー、首回りを伸ばさずにがシャツを掛けられます。

シャツなどを洗濯、脱水したあとは、乾燥させるために、ハンガーに掛けることになります。

ところが、ハンガーを掛ける際に気になるのが、ハンガーをシャツに通すために、首回りを伸ばしてしまうことです。

濡れたシャツの首回りを無理矢理伸ばすことで、乾いた後でも、その部分が少しずつ伸びることになり、これを繰り返すうちに、首回りがダラリとしてきます。

そこで今回は、シャツを掛ける際に、通す部分のサイズに合わせて片手で畳めるハンガーをご紹介します。これなら、首回りを無理矢理広げることもないので、シャツの形を崩すことなく、ハンガーに掛けられます。

握れば畳めるハンガー、掛ける際にもシャツの形が崩れません。

一般的に、シャツをハンガーに掛ける際、首回りを広げないように、よほど丁寧に掛けるか、もしくは、首回りを広げてしまうか、のどちらかです。

これは、一般的なハンガーであれば、当然、ハンガーの形を変えることがないことが理由ですが、丁寧にすれば時間が掛り過ぎるし、首回りを広げてしまえば、形が崩れてしまう。どちらにしても、非常に気になるところです。

このハンガーの使い勝手の悪さ、ともいえる部分を解消したのが、gooper(グーパー)というハンガー。伸縮させられる、新しいタイプのハンガーで、イメージクラフトから販売されています。

このgooper(グーパー)、伸縮させられるハンガーといっても、その操作は非常に簡単。

必要な動作は、握って掛けて、握って外す、片手でグーとパーをするだけ。ハンガー本体をグーで握れば縮ませることができ、パーと開けば元通りになります。

gooperのおすすめポイントは、
・衣類の掛け口に合わせて、ハンガーを伸縮できること。
・握れば縮んで、離せば元通りと、操作も簡単なこと。
・首回りなど、衣類の形を崩さずに、ハンガーに通せること。
・首元が広く設計されているため、洗濯バサミが不要なこと。
・畳んだままの状態にもできるので、旅行用としても使えること。

掛ける際に、掛口を、ハンガーに合わせて広げるのではなく、衣類に合わせてハンガーのサイズを変えられるので、衣類の形を崩すことなく、ハンガーに掛けられます。Yシャツなどは、前ボタンを付けたままでも、ハンガーに掛けられるほど。

また、掛けたものを取る際には、軽く握るだけでハンガーが縮まるので、素早くスムーズ。もちろん、この時も、首回りが広がってしまう心配もありません。

畳んでおけるので、旅行や出張時にも便利です。

gooper(グーパー)は、そのまま折りたたんでコンパクトにしておくこともできます。

そのため、旅行用のカバンやバッグなどにも楽に入るため、出張時や旅行時にも邪魔にならずに持っていくことができます。

素材にはステンレスを採用しており、それなりに丈夫ではありますが、耐荷重は1本につき500gまでなので、その点だけは注意が必要。

ただし、洗濯したてで水分を含んだセーターなどを掛ける際には、2本重ねるなどの工夫をすればOKです。

洗濯したシャツの首回りを伸ばすことなく掛けられるハンガー、gooper(グーパー)、掛けるのも、外すのも非常に楽でスムーズ、そして何より、シャツの寿命も延びそうです。

※商品名 gooper 3本セット(グーパー・イメージクラフト)
・用途 衣類用ハンガー
・サイズ 縦24.6×横45.6×厚み0.6cm
・材質 ステンレス鋼、PVC
・生産 日本  
・JANコード/ISBNコード:4580328620242

人気の記事

  1. ワインラベル作成サービス。
  2. クビンス ホールスロー ジューサー
  3. 暑さ対策に CCT冷感タオル
  4. CHANTO 10月号にticが掲載されました。
  5. 瀬戸内海産の塩で作った塩まくら(ナイスデイ)

アーカイブ

PAGE TOP