D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き(D-STYLIST)

直径8cmの大きいたこ焼き、が作れるたこ焼き器。

家族や仲間とのパーティーメニューの一つともいえるのが、たこ焼です。

自宅でたこ焼きを焼くとなると、専用のたこ焼き器やプレートが必要になりますが、一般的な一口サイズだと、いかにも普通だし、なんとなく面白みにも欠けるものです。

そこで今回は、通常の約5倍ほどのサイズの、大きいたこ焼きが焼けるたこ焼き器をご紹介します。ビッグサイズのたこ焼き、食べごたえも抜群だし、何よりユニークです。

直径8.5cmの大きいたこ焼きが焼ける、たこ焼き器「ふっくらメガたこ焼き」。

一般的なたこ焼きのサイズといえば、直径で約3cmほど。熱々のところを一口でパクリと食べるのもたこ焼きの醍醐味ともいえます。

ただ、自宅で作るとなると、このサイズのたこ焼きをいくつも焼くのも作業としては面倒ともいえます。

そこで、使ってみたいのが、D-STYLIST ふっくらメガたこ焼きという、たこ焼き器。直径8.5センチと大きいサイズのたこ焼きが、一度に2個焼けるというもの。

焼く作業も大幅に減るばかりか、何より、たこ焼きの大きさがユニーク。もちろん、食べ応えも抜群、というわけです。

D-STYLIST ふっくらメガたこ焼きのおすすめポイントは、
・直径8.5センチのたこ焼きが1度に2個焼けること。
・サイズが大きく、食べ応えがあること。
・サイズが大きい分、具材のアレンジがしやすいこと。
・フッ素樹脂加工が施されており、焦げにくく、手入れがしやすいこと。
・実勢価格が2,000円前後と、手頃な価格であること。

サイズが大きくなったからといっても、焼く作業自体は、普通のサイズを焼く方法と変わりません。タネや具材を入れて、焼き加減を見ながら串でひっくり返します。サイズが大きい分、1度に焼ける数は2個。その分、手間も減らせます。

サイズが大きいので、具材沢山や具材のアレンジが楽しめます。

普通のサイズのたこ焼きも、もちろん美味しいものです。

ところが、サイズの制限上、タコを始めとする具材が少なく、もっと、大ぶりなタコや、タコがたくさん入っていたらなよいのに、と感じることもあります。

その点、大きいサイズのたこ焼きであれば、具材もたっぷりと入れることができるので、タコを多目に入れたり、好みの具材を存分にプラスすることもできる、というわけです。

また、甘い生地を使ってホットケーキなども作るなどすれば、使い道は様々広がります。

D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き、大きな見た目が非常にユニークなたこ焼き、作ってみませんか。パーティーなどでも、きっと喜ばれます。

※商品名 D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き(D-STYLIST)
・サイズ 約24.5cm×13.5cm×8cm
・重量 約630g
・電源 AC100V 50/60Hz 500W
・コード長 約140cm
・温度ヒューズ 約192度
・品番 KK-00208
・JANコード/ISBNコード:4589917633014

人気の記事

  1. しっぷ貼りひとりでペッタンコ ASH-10(旭電機化成)
  2. 雑誌「Begin 8月号」にticが掲載されました。
  3. 紫外線対策
  4. お財布にコレがあれば怖くない
  5. ベビーマグちゃん ブルー(宮本製作所)

アーカイブ

PAGE TOP