上履き洗ってネット(小久保工業所)

上履きを洗濯機で洗うためのネット。

お子さんが、小学校、幼稚園、保育園などで上履きを使用していると、週末の度にやってくるのが、上履き洗い、です。

上履きを洗う際には、ブラシでゴシゴシと洗うのが一般的なようですが、限られた時間の中で、できればもっと手軽に洗える方法はないかしら、というのが本音といったところです。

そこで今回は、上履きを丸ごと洗濯機に入れるためのネットをご紹介します。もちろん、汚れが酷い場合には、ブラシでゴシゴシが必要になりますが、それほどでもないときには、こういった便利なグッズを使うのも一つの手といえそうです。

上履きを洗濯機で洗うためのネット「上履き洗ってネット」。

上履きを洗濯機で洗うために作られたのが、上履き洗ってネット。生活用品などの製造を手掛けている小久保工業所から販売されています。

もちろん、洗い、すすぎ、脱水、すべてに対応、しかも、洗い終わった後は、洗濯機から取り出して、そのまま干せるループ付きなので、靴用ハンガーなども不要。上履き洗いの手間が格段に減らせる、というわけです。

上履き洗ってネット、のおすすめポイントは、
・上履きを洗濯機で洗えること。
・ネットの中で上履きが偏らないように工夫されていること。
・ネットの素材に厚手のメッシュを使用しているので、小さな音で済むこと。
・洗い終わったら、そのまま干せるループが付いていること。
・実勢価格800円前後と、手頃な価格であること。

この上履き洗ってネットは、左右双方の上履きがそれぞれサイズに仕切られており、洗濯機の中で回転しても、ネットの中で上履きが偏らない工夫がなされています。

また、ネット自体が厚めのメッシ生地作られているので、上履きを傷つけることなく、ソフトに洗ってくれます。

音が軽減される、厚手のメッシュ生地。

上履きや靴などを、洗濯機に入れて洗った経験がある方ならご存知かもしれませんが、これらを直に入れると、洗濯機の回転とともに、ガツガツ・ゴンゴンと結構な音がします。

この音を聞くと、上履きが傷んでしまうことはもちろん、洗濯機まで故障してしまうのでないかと、気が気ではなくなります。

その点、この上履き洗ってネットは、通常の洗濯ネットに比べて厚手のメッシュ生地を使用しています。そのため、洗濯機の中での衝撃自体を和らげ、音も軽減されるようになっています。

対応する上履きのサイズは23cmまで。足のサイズがこれより大きくなったら、今度は自分で洗ってみるようにしつけるというのも、一つの方法かもしれません。

いずれにせよ、毎週末の上履き洗いの手間が、少々軽減できる上履き洗ってネット。小さなお子さんをお持ちのご家庭に1つ欲しい洗濯グッズといえそうです。

※商品名 上履き洗ってネット(小久保工業所)
・サイズ 40cm×28cm×1cm(吊り下げループ含む)
・対応サイズ 23cm以下の上履き
・材質 ポリエステル、ポリアセタール、ポリプロピレン、ナイロン
・JANコード/ISBNコード 4956810840960

人気の記事

  1. ワインラベル作成サービス。
  2. ワイシャツの汗染みの目立つ時期、対策は?
  3. 自動ペットボトルオープナー
  4. nocoly Air for iPhone 7(ブライトンネット)
  5. 女性誌の使ってみたいシャンプーNo1

アーカイブ

PAGE TOP