Smart Air Pump M1(スマートエアーポンプ)

電動式の空気入れ、外出先でも使える充電式がおすすめ。

出掛け先で、自転車に空気を入れたい、ボールに空気を入れたい。これから向かえる本格的なアウトドアシーズンに、そういう機会は結構あるものです。

空気入れといえば、ハンドルを上下に動かす、手動式のものが一般的ですが、最近ではボタン一つで空気を入れる電動タイプも販売されるようになってきました。

そこで今回は、そんな電動タイプの空気入れの中でも、充電式で使えて、しかもスマホとほぼ同じサイズの、電動空気入れをご紹介します。

スイッチ一つで空気を入れられる、電動エアーポンプ。

タイヤやボールなど、空気を入れたいものにつないで、スイッチを入れるだけで、自動的に空気を入れてくれるのが、電動式エアーポンプ、Smart Air Pump M1(スマートエアーポンプ)

単に、空気を満タンに入れるというよりも、設定した空気圧まで調節してくれる、という意味で、空気入れというより、エアーポンプというのが正解。

この電動エアーポンプ Smart Air Pump M1は、コンパクトなサイズと、出掛け先でも使える充電式であることの2つが主な特徴になっています。

大きさは、スマホとほぼ同じサイズで、重さもわずか400g。大きめのポケットであれば、楽に入るほどのコンパクトサイズ。

その上、USBによる充電式なので、電源の確保や電池を用意する必要がなく、充電さえしておけば、外出先でも、もちろん、屋外でも使えます。

Smart Air Pump M1(スマートエアーポンプ)のおすすめポイントは、
・スイッチを入れるだけで、空気が入れられること。
・スマホサイズなので、持ち運びに便利なこと。
・充電式なので、電源の確保が不要なこと。
・自転車のほか、車やバイク、ボールなどにも使えること。

このSmart Air Pump M1を使って実際に空気を入れるときには、本体画面を確認しながら、空気圧を設定。それぞれの空気圧は、タイヤなどの場合には側面に表示されているので、要確認。

バルブをセットして、スイッチを入れると空気の注入が開始され、設定した空気圧に達したら、自動的に作動は完了します。

これまで暑い中、ヒィーヒィー言いながら、ポンプの上下を繰り返していたのが嘘のように空気が入れられます。

日本のみならず、世界中で話題になりつつある、電動エアーポンプ、Smart Air Pump M1。ドライブ、自転車、バイク、スポーツなどを趣味にされている方におすすめの逸品です。

※商品名 Smart Air Pump M1(スマートエアーポンプ)
・充電時間 2.5~3時間
・サイズ 長さ148.5×幅77×高さ26.5mm
・重量 400g
・最大出力空気圧 100PSI(6.9BAR)
・設定可能精度 小数点第2位
・設定可能単位 PSI、BAR、KPA、Kgf/cm2
・動作環境気温 -15℃~+55℃
・充電時間 約2.5~3時間
・付属品 自転車用バルブ(仏式、米式、英式)、ボール用空気入れ、ノズル、充電用マイクロUSBケーブル
・保証期間 1年間

人気の記事

  1. ライスストッカー 10kg用 RS10A(渡辺金属工業)
  2. ペン型スキャナー辞書 ナゾル 英和モデル(シャープ)
  3. シャンウェイ 中華丼
  4. 洗濯物が風に飛ばされない ありがとBAND
  5. フレッシュマックスシャツがメンズファッションランキング1位を獲得中

アーカイブ

PAGE TOP