SDカード録画式センサーカメラ SD1000(リーベックス)

電池式で小型の防犯カメラ、手軽に取り付けられます。

毎日嫌なニュースが飛び交う物騒な世の中であるせいか、自宅の防犯対策にと防犯カメラの売れ行きが好調なようです。

ひと言に防犯カメラといっても、様々なタイプがあります。

常時録画しておくタイプ、人を感知したときだけ稼働するタイプなど、録画の方式による違いから、大きさや電源など多種多様。防犯カメラの売場を見ると、どれにすればよいか迷うほどです。

そこで今回は、そんな防犯カメラにあって、小型で手軽に取り付けられるタイプのものをご紹介します。電源は乾電池なので、設置場所を問わないのも魅力的な防犯カメラです。

「人」をセンサーが感知すると録画を開始、小型で乾電池式の防犯カメラ。

6.2cm×13.9cm、奥行が5.4cmと、防犯カメラとしては非常にコンパクトなサイズなのが、リーベックスから販売されている、SDカード録画式センサーカメラ SD1000

この防犯カメラ、センサーが内蔵されており、人の熱を感知すると自動的に録画が開始されるというタイプ。

玄関や自転車置き場、駐車場など設置しておけば、不審者の侵入を検知、昼であればカラーで、夜ならば白黒で録画ができる、というものです。

SDカード録画式センサーカメラ SD1000、のおすすめポイントは、
・コンパクトで、場所を取らないこと。
・乾電池式なので、使う場所を問わないこと。
・撮影した映像をパソコンで閲覧できること。
・実勢価格が5,000~6,000円と手頃なこと。

乾電池式なので、電気いらず、設置する場所を問いません。

防犯カメラを設置する際に悩みのタネとなりがちなのが、電源に電気を使うカメラの場合、電気が引ける場所かどうか、ということ。

玄関廻りや駐車場となると、適当な場所にコンセントがなく、ケーブルを長くして引っ張ってこなければならいことも多いものです。

その点、このカメラは乾電池を使用するタイプなので、場所を問わずに設置できるのが非常に魅力的です。もちろん、配線などの手間も掛りません。

乾電池を使用するといっても、15秒の動画を1日に10回録画するとしても、3ヵ月以上は持つ計算。思いのほか、長寿命といえます。

映像の記録はSDカード、パソコンなどで閲覧できます。

このカメラ、本体にセットするSDカードに映像が記録される仕組み。

閲覧にはパソコンなどを使用しますが、ファイル名が日時そのままで記録されるので、閲覧時にわかりやすいのも特徴の一つ。

また、録画機能以外にもセンサーライトとしても使えるようになっています。人を感知すると、本体に組み込まれているLED電球が点灯するため、防犯対策にもなります。

さらに、実勢価格が5,000円~6,000円前後と、比較的手頃な価格なのも、導入しやすい点です。

場所を取らないコンパクトサイズであること、また乾電池式なので設置場所を問わない、SDカード録画式センサーカメラ SD1000。万一のことを考えて設置をしておきたい防犯カメラとしておすすめの機種いえそうです。

※商品名 SDカード録画式センサーカメラ SD1000(リーベックス)
・サイズ 62×54×139mm
・重量 143g
・電源 単3形アルカリ電池3本、専用ACアダプターX0505
・電池寿命 センサーライトOFF時:1日動画15秒を10回録画して約3ヶ月/1日写真3枚を10回撮影:約12ヶ月
・電池切れ表示 赤青LED点滅
・人感センサー 上下方向120°、左右方向120°、感知距離5m
・センサーカメラ CMOS-30万画素
・レンズ視野角 水平100°、垂直60°
・録画媒体 32GBまでのマイクロSDまたはマイクロSDHC
・録画解像度 VGA640X480
・データ保存方式 写真:jpg、動画:AVI(上書方式)
・年日時間表示:ファイル名にて表示
・JANコード/ISBNコード 4943125709655

人気の記事

  1. サバイバルプラス 携帯浄水ボトル(seychelle(セイシェル))
  2. 食べる器 おいし〜CUP(アーネスト)
  3. 学研 エコー スマートペン
  4. スマート印鑑(アンディ)
  5. 小規模オフィス社員食堂設置サービス

アーカイブ

PAGE TOP