ベビーベッド かや(ダイヤコーポレーション)

ベビーベッド用の蚊帳、蚊から赤ちゃんを守ります。

夏の訪れとともに、悩みのタネとなるのが、蚊やコバエなどの虫が飛び交うことです。

特に、赤ちゃんなどの場合、一度蚊に刺されてしまうと、痒みに耐えることができずかいてしまい、それがひっかき傷になり、長引いてしまうおそれもあります。

なんとしてでも、蚊に刺されることは防ぎたいものの、殺虫剤などの薬品類は極力使用したくないものです。

そこで今回は、赤ちゃん用のベッド、ベビーベッド専用に作られた蚊帳をご紹介します。ベビーベッド全体を覆うことで、蚊から赤ちゃんを守れます。

ベビーベッドをすっぽり覆える蚊帳、赤ちゃんを蚊から守れます。

ベビーベッドでスヤスヤと眠っている赤ちゃんを狙って近寄る蚊、これをシャットアウトするために作れたのが、ベビーベッド かや、という商品。ダイヤコーポレーションから販売されている、いってみれば、ベビーベッド専用の蚊帳です。

このベビーベッド かやは、ベビーベッドの下の方まで全体を、白いメッシュ生地で包み込むようにできており、蚊の付け入る隙がないように作られているのが特徴です。

ベビーベッド かや、のおすすめポイントは、
・ベビーベッド全体をすっぽりと覆えること。
・蚊など虫から、赤ちゃんを守れること。
・エアコンの風から、赤ちゃんを守れること。
・中央で左右に大きく開くので、作業がしやすいこと。
・約300gと軽量であること。

このベビーベッド かやを使って、ベッド全体を覆うことで、蚊などの虫避けになるほか、エアコンの風を赤ちゃんが直接受けずに済むようになるのも魅力的です。

暑い部屋の中、大人にとってはさほど涼しくないと感じた風でも、エアコンの風が直接赤ちゃんに当たることは好ましくありません。

その点、蚊帳で覆うことで、メッシュ生地がワンクッションとなり、赤ちゃんにとっても心地よく感じられる風に替ります。

中央部分で左右両開きになるので、作業もしやすい。

蚊帳でベビーベッドをすっぽり覆うとなると、気になるのが、赤ちゃんに触れたり、ベッド下の収納スペースからモノを取り出すのが、少々面倒になるのではないか、ということ。

この蚊帳は、その点に配慮されており、ベビーベッドの中央部分から左右両開きにファスナーで開けられるようになっています。そのため、いちいち蚊帳全体を外す必要がありません。

また、メッシュ生地には、一部で有害性が指摘されている蛍光染料を使わずに仕上げられており、その点でも安心して使えるようになっています。

蚊に刺された箇所を引っ掻き続ける赤ちゃんは、見ているだけも可哀想になります。ぜひとも、ベビーベッド かやで、蚊から赤ちゃんを守ってあげましょう。

※商品名 ベビーベッド かや(ダイヤコーポレーション)
・サイズ 約1300×1200×770mm
・重量 約385g
・備考 ポリエステル
・JANコード/ISBNコード 4901948300640

人気の記事

  1. ボードスティックス ペイントペン
  2. 感震タップ とめ太郎 KD-S2115PL(デバイスネット)
  3. 汗染みを止めるシャツ
  4. デスクポケット(キングジム)
  5. 抗菌タイプ 折りたたみ式風呂ふた(東プレ)

アーカイブ

PAGE TOP