プロジェクター印鑑(サンビー)

印影を確認してから押印できる印鑑、押印に失敗がなくなります。

様々な書類に印鑑を押す機会は以外と多いものです。

ビジネス、プライベートを問わず、印鑑を押す際には、大切な書類になればなるほど、失敗したくないものです。

押印した印が、斜めになってしまったり、かすれてしまうと、書類としての効力は生じるものの、何となく気分もすっきりしないし、格好良くありません。

そこで今回は、押印に失敗がないように工夫が施された印鑑をご紹介します。実際に押印する前に、印影を確認できる仕掛けが施された印鑑です。

押印前に印影を確認できる、プロジェクター印鑑。押印の失敗がなくなります。

印鑑を押す直前に、押すべき場所に印影が映し出され、それを確認することで、失敗無く押印できるというのが、プロジェクター印鑑。印鑑・ハンコメーカーのサンビーから販売されています。

このプロジェクター印鑑、印面の中にLEDライトが内臓されており、印面の文字そのものを投影できる仕組み。

曲がっていないか、斜めになっていないかを、映し出された文字を見ることで確認することができます。

投影されたものに問題がないようならば、そのまま押すことで、失敗することなく印鑑が押せる、というわけです。

プロジェクター印鑑、のおすすめポイントは、
・押印直前に、印字が印影で確認できること。
・朱肉の付き具合を確認できること。
・印鑑本体に触れることで、自動的にLEDライトが光ること。
・認印、銀行印、実印、個人用、法人用とラインナップが豊富であること。

ライトは自動点灯なので、面倒もありません。

プロジェクター印鑑は、印鑑本体に触れることで自動でLEDライトが点灯する仕組み。

本体上部にプラス極、下部にマイナス極と電極が内蔵されており、双方に触れることでLEDライトが点灯します。

とはいっても、普通に印鑑を持てば、双方に触れることになるため、自動点灯といってもよいレベル、煩わしさも皆無といえます。

また、印鑑本体の印字面もライトに照らされる状態になるので、朱肉が十分に付いているかどうかも確認可能。掠れたまま押印、ということもなくなります。

印鑑の種類としては、銀行印、認印のほかに実印、また、個人用だけでなく、法人用もラインナップされています。

通常の印鑑に比べると、少々値は張りますが、大切な書類に失敗することなく、格好よく印鑑が押せるようになるプロジェクター印鑑。プレゼント用としても、お相手に喜んでもらえそうな印鑑です。

・商品名 プロジェクター印鑑(サンビー)
・用途 銀行印、認印
・サイズ 12mm丸×61mm
・デザイン 梨地タイプ
・備考 受注生産品
・その他 実印や法人印彫刻版などもあり。
・JANコード/ISBNコード 4535753712222

人気の記事

  1. 森永製菓の公式ノベルティ製作サービス、おかしプリント
  2. ダイヤ スキマステッキ(ダイヤコーポレーション)
  3. クローバーキャストパン(NYプランニング)
  4. 液晶保護、スマピカ。
  5. おすすめのブラジリアンワックス

アーカイブ

PAGE TOP