手間なしポテトマッシャー(ブロードビーンズ・貝印)

ポテトサラダを作る時間を短縮できるグッズ。

ポテトサラダを作る際には、茹でたり、蒸したりしたジャガイモの皮を剥いて、潰して、マヨネーズなどの調味料や具材を混ぜ合わせます。

この工程の中で、少々面倒なのが、ジャガイモの皮むきです。熱々の状態のジャガイモの皮を剥くのは、火傷の危険もある、熱さとの戦いです。

かといって、茹でる前、蒸す前に予め皮を剥いてしまうと、それはそれでジャガイモ自体が水っぽくなってしまうため、やはり皮つきのまま熱を通したいところ。

そこで今回は、皮つきで茹でたジャガイモの、皮を取り除きながら、潰してくれるグッズをご紹介します。潰すと皮むきが同時にできて、ポテトサラダ作りの時間が大幅に短縮されます。

ジャガイモの皮を取り除きながら潰せる「手間なしポテトマッシャー」。

ポテトサラダ作りの欠かせない2つの工程、茹でたジャガイモの皮を剥くこと、ジャガイモを潰すこと。

この2つの工程を一度にできるようにと開発されたのが、手間なしポテトマッシャー、という商品。キッチングッズなどのメーカー、貝印から販売されています。

この手間なしポテトマッシャー、左右のハンドルを両手で握り、網目の設けられた中央部分を、ジャガイモを押し付けるようにして網目に通します。

すると、ジャガイモ自体は潰れながら網目を通り、皮は網の上に残る仕掛け。潰す、と皮剥きの2つの工程が一度にできてしまうというわけです。

手間なしポテトマッシャー、のおすすめポイントは、
・ジャガイモを、潰しながら、皮も剥けること。
・完全手動なので、電気や電池が不要なこと。
・実勢価格が500円前後と、手頃な価格であること。

使い方は2通り。ボウルを下に置いておけば、引き続き調理ができます。

手間なしポテトマッシャーの使い方は2通り。

1つは、まな板の上にジャガイモを乗せて、本体を押し付ける方法。

もう一つは、本体をボウルなどに掛けて、ジャガイモを置き、その上から木べらなどで潰す方法。網目を通ったジャガイモをそのままボウルに溜まっていきます。

調味料を混ぜるなど、後の調理を考えると後者の方が使いやすいといえそうです。

本体の素材は、プラスチック製なので、使い終わった後の手入れも通常の食器と同じように洗えばよいだけ、特別な手間が掛りません。

子どもから大人まで、みんなが好きなポテトサラダ。手間なしポテトマッシャーがあれば、手間なく作れるようになり、メニューとしての登場頻度も上がりそうです。

※商品名 手間なしポテトマッシャー(ブロードビーンズ・貝印)
・サイズ 幅約13×奥行約22.6×高さ約4.4cm
・重量 124g
・材質 ポリプロピレン
・JANコード/ISBNコード 4901601201260

人気の記事

  1. 見る人を楽しくする3D時計
  2. ニンニク調理グッズ、にんにくスライサー。
  3. コンパクト精米器 精米御膳 MR-E751W(ツインバード)
  4. 携帯ハンガー
  5. 草サンダルが好評です

アーカイブ

PAGE TOP