手作りキッズまくら(西川リビング)

こども用の枕が手作りできる、手作り枕のキット。

睡眠の質を高めるために必要なことの一つが、自分に合った枕を使用することです。これは、大人はもちろん、お子さんに対しても当てはまります。

お子さんの場合、成長途上であることを考えると、かえって大人よりも気を遣うべきことかもしれません。

そこで今回は、お子さんと一緒に枕が作れる、こども用の枕の手作りキットをご紹介します。

お子さんが、自分に合った枕を自ら作ることで、枕そのものや、眠ることに対する意識が高められる教材。もちろん、実際に枕として使えるという実用性も兼ね備えた商品です。

こども用の枕の手作りキット、実際に作ることで、枕や睡眠への意識が高まります。

枕作りに必要な、外生地、中材となるパイプ、計量カップやスケールなどがセットになっており、枕が手作りできるというのが、手作りキッズまくら。西川リビングから販売されています。

対象年齢は、小学校3年生以上がメーカー推奨。お子さんと一緒に、枕を作ることで、枕に対する関心や、睡眠の大切さを楽しみながら学べるというわけです。

手作りキッズまくら、のおすすめポイントは、
・枕作りに必要なものがセットになっていること。
・自分の身体に合わせた枕が作れること。
・成長に合わせて、作り直しができること。
・作った枕は、実際に使用できること。

この手作りキッズまくらは、単に外生地に中材を入れるだけ、というものではありません。

実際に、頭や首の高さを測り、それに合った量の中材を、きちんと計量した上で入れるという仕様。そのため、自分の身体に合った枕になるという仕様です。

もちろん、余った中材はとっておけば、作り直しや、成長に合わせて高さを変えることもできます。

また、計測に使うスケールや、中材の量を測るための計量カップも、厚紙でできたものを、自分で切ったり、折ったりして作るようになっています。

自分で用意するのは、ハサミとセロテープだけ。作り方のDVDや、計測したものをメモする用紙なども入っており、キットが到着すれば、直ぐに作ることができます。

「体験」するからこそ、関心が高まり、身に付きます。

例えば、お子さんと一緒に料理をすれば、お子さんの料理や食材、調理器具などへの関心は飛躍的に高まります。

また、そうすることで、作ってくれた人への感謝や、食べ物を粗末にしてはいけないことなど、お子さんの成長に際して、身に着けておくべき事柄も、派生的に身につきます。

これらは実際に自分でやってみる、経験することでしか、身に付きません。

それを、睡眠という分野で楽しみながら学べるようにしたのが、手作りキッズまくら、というわけです。

このキットを製造・販売している西川リビングでは、こども達が正しい睡眠習慣を身に着け、成長していくことを応援するという「眠育」活動を手掛けており、その一環として、手作りキッズまくらが商品化されたわけです。

睡眠の効果や大切さを、親子で楽しみながら学べる手作りキッズまくら。お子さんへのプレゼントとしても、非常に意義あるものになることは、間違いありません。

※商品名 手作りキッズまくら(西川リビング)
・サイズ 約32×50cm
・適応まくらカバーサイズ 35×50cm
・素材 側生地:ポリエステル100%/中材:ポリエチレンパイプ
・本体重量:1.6kg
・対象年齢 小学3年生以上
・カラー 2種類(ピンク、サックス)
・キット内容 側地、パイプ(3色入り)、道具シート、ねむりのこと(リーフレット)、記入用紙、作り方DVD
・JANコード/ISBNコード 4549510179876 ほか

人気の記事

  1. ワレット忍者がワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」で紹介されました。
  2. アクセサリー作りに、粘土のように使えるプラスチック。
  3. お酒の買取サービス、買取リカーズ。
  4. 紫外線、目に見えないから心配、という方へ。
  5. 日本ダービー公式グッズはターフィー通販クラブで。

アーカイブ

PAGE TOP