酒燗器 TW-D418B(ツインバード)

テーブルの上で熱燗ができる、家庭用の酒燗器。

日が暮れると、だいぶ肌寒くなり、日本酒が好きな方にとっては、待ちに待った熱燗の季節です。

熱燗といえば、日本酒の味や香りそのものはもちろん、口に含み、喉を通り、身体に染みわたっていく何ともいえない感覚も魅力の一つです。

ところで、自宅で熱燗となると、一般的には湯せんか電子レンジでチンか、ということになります。

ただ、湯せんにしても、レンジにしても、好みの温度に仕上げるのが意外と難しいものです。

また、せっかくほろ酔い、いい気分になったところで、お替わりのために立ったり座ったりというのも、面倒といえば面倒。

そこで今回は、日本酒をテーブルで温められる、卓上タイプの熱燗器をご紹介します。温度の設定も4段階で調整できるので、好みに合わせた熱燗が楽しめます。

テーブルの上で熱燗が作れる、酒燗器。

熱燗を作ろうと思って、鍋で徳利を湯せん中、ちょっと目を離した隙に、沸騰してしまい、せっかくの味や香りが飛んでしまった。自宅での熱燗作りによくある光景です。

その点、テーブルの上で、熱燗に適した温度にじっくりと日本酒が燗できるのが、酒燗器 TW-D418B。ツインバード工業から販売されています。

酒燗器 TW-D418B、のおすすめポイントは、
・卓上タイプのコンパクトサイズであること。
・4段階で温度調節ができること。
・操作はスイッチと温度レバーだけ、使い方が簡単なこと。
・実勢価格が3,000円前後と手頃な価格であること。

この酒燗器、熱を発する本体と、酒を入れる器がセットになっています。

使用する際には、お酒を入れた酒器を本体にセット、すると本体の熱板が熱を発し、酒器に伝わり、お酒が燗できるいう仕組みになっています。

一度に燗できる量は、約300ml、一合半。多すぎず、少なすぎず、家飲みようとしては、ちょうど良いサイズといえます。

温度は37~60℃で4段階で調整可能。

熱燗と一言にいっても、人によって好みの温度はそれぞれ異なります。

その点、この酒燗器で燗できる温度は4段階で調整可能。温度範囲は37℃~60℃。人肌から飛切まで楽しめます。

また、温度を調整するための操作はレバーをスライドさせるだけと非常に簡単。複雑な操作は必要なく、どなたでも手軽に使えます。

また、日本酒を入れる酒器も、口の広いタイプ。一升瓶からでも、こぼすことなく注げる点も魅力的です。

テーブルで熱燗ができる酒燗器、この冬、家飲みの際に大いに活躍しそうです。

※商品名 酒燗器 TW-D418B(ツインバード)
・本体サイズ 140×140×95mm
・酒器サイズ 175×140×130mm
・セット時サイズ 175×140×220mm
・重量 920g
・電源 AC100V 50-60Hz
・消費電力 250W
・温度調節範囲 4段階(37~60℃:人肌燗、上燗、熱燗、飛切燗)
・電源コード長 約1.8m
・酒器容量 約300ml(一合半)
・JANコード/ISBNコード 4975058441821

人気の記事

  1. 充電式バスポリッシャー(スリーアップ)
  2. NEW暖房あったか節電マット(メイダイ)
  3. ひんやりグッズはタオル派?チューブ派?
  4. ネジザウルスM2 PZ-57
  5. スノーボードにペイント

アーカイブ

PAGE TOP