包丁のいらない玉子焼き ヘラ付き(アーネスト)

お弁当用の小さな玉子焼きが作れるフライパン。

お弁当のおかずの定番といえば、卵焼きです。ふっくらとした玉子焼きは老若男女問わずみんな大好き、お弁当に彩りも添えてくれます。

とはいえ、お弁当用に玉子焼きを作るとすると、問題となるのはその量です。普通のお弁当であれば、1切れ、2切れあれば充分です。

ところが、一般的なフライパンや、卵焼き用のパンでは、そういった少量を作ることができず、大きめに作って、包丁でカットすることになり、当然、余ります。

そこで今回は、小さな卵焼きが作れるフライパンをご紹介します。卵を使う量も1個で十分なので、無駄も無くなります。

お弁当向けの小さな卵焼きが作れるフライパン「包丁のいらない玉子焼き」。

焼き面が18cm×4cmという、一般的な卵焼き用のフライパンに比べても小さく、細長い長方形。

しかも、中央には区切り線が入っており、その線を境に上下面でそれぞれ小さな玉子焼きが焼けるというのが、包丁のいらない玉子焼き、というフライパン。アーネストから販売されています。

一口サイズの小さな玉子焼き専用のフライパン、しかも、一度に2個焼けるので、お弁当作りに役立つフライパン、というわけです。

包丁のいらない玉子焼き、のおすすめポイントは、
・小さな玉子焼きが作れること。
・卵1個で玉子焼きが作れること。
・専用ヘラが付いてくること。
・鉄製なので、ふっくらとした仕上がりになること。
・IHに対応していること。

このフライパンで玉子焼きを作れば、1口サイズに仕上がるので、包丁で切る作業も不要であることから、「包丁のいらない」というネーミング、ユニークでもあります。

卵1個で作れる玉子焼き。

このフライパンを使う、もう一つのメリットといえるのが、卵1個で玉子焼きが作れることです。

一般的なフライパンや玉子焼きパンで、卵焼きを作ろうと思っても、卵1個分だと、流し入れた時点で焼き面に広がってしまい、薄焼き卵になってしまうのがせいぜいです。

その点、この玉子焼きパンは、ミニサイズの卵焼き用に焼き面が区切られているので、少量の卵でしっかりと玉子焼きが作れます。

また、購入時にはサイズに合ったヘラも付いてくるので、それを使えばスムーズな調理も可能。

さらに、鉄製のため、玉子焼き自体もふっくら仕上がるの特徴。もちろん、表面にはシリコン塗装を施してあり、くっつきにくい仕様。使いにくいということもありません。

玉子焼きを、余分な卵を使うことなく、必要な分だけが作れる、包丁のいらない玉子焼き、お弁当作りにあると便利なフライパンです。

※商品名 包丁のいらない玉子焼き ヘラ付き(アーネスト)
・セット内容 本体、専用ヘラ
・サイズ W23×D25×cm(焼面:約18×4cm)
・専用ヘラサイズ W7×D12×H2cm
・重量 本体:510g/専用ヘラ:15g
・材質 本体:鉄(1.6mm厚、透明シリコン焼付塗装)、ハンドル:フェノール樹脂/専用ヘラ:66ナイロン(ガラス繊維入)
・耐熱温度 専用ヘラ:180度
・生産 日本製(ヘラ:中国製)
・JANコード/ISBNコード 4989082765945

人気の記事

  1. 包丁のいらない玉子焼き ヘラ付き(アーネスト)
  2. ボタンを付ける方法
  3. スワンタッチ(タカハシ金型サービス)
  4. サーフボードに絵を描くときに用意するもの。
  5. クビンスサイレントジューサー

アーカイブ

PAGE TOP