皮むきグローブ ムッキー(ファイン)

ゴボウの皮むきが簡単にできる手袋。

これから旬を迎えるゴボウ。スーパーの野菜売り場でも目立つ場所に置かれるようになりました。

煮物や唐揚げ、炊き込みご飯など、幅広い料理に使え、また、食物繊維を豊富に含むなど、栄養面でも文句なし。魅力的な食材であることは間違いありません。

ところが、このゴボウ、調理は少々面倒。特に、泥がついた皮を剥くのはひと苦労です。

そこで今回は、ゴボウの皮を簡単に剥くための手袋をご紹介します。

もちろん、ゴボウだけはなく、ジャガイモや里芋、魚のウロコ取りにも使えるので、キッチンに1つ置いておくと便利な手袋です。

細かい粒のついた手袋、ゴボウの皮が簡単に剥けます。

見た目は、よくある塩化ビニルでできた掃除用のグローブ、手袋。

ところが、手の平側には細かい粒々が設けてあり、ゴボウを握ってこするように動かせば、皮が綺麗に剥けるというのが、皮むきグローブ ムッキーという手袋。日用品、キッチン雑貨メーカーのファインから販売されています。

ゴボウの皮を剥く際に、大切なポイントとなるのが、皮を薄く剥くことです。厚めに剥いてしまうと、実の部分が残らず無残な姿になってしまいますが、皮むきグローブ ムッキーを使えば、薄く綺麗に剥ける、というわけです。

皮むきグローブ ムッキー、のおすすめポイントは、
・手袋をはめた手で、ゴボウを握ってこするだけで皮が剥けること。
・刃を使用しておらず、安全であること。
・ジャガイモや里芋、魚のウロコ取りにも使えること。
・大人用のほか、女性・子ども向けのサイズもあること。
・実勢価格が1,000円前後と、手頃な価格であること。

「刃」を使わないので安全。

この皮むきグローブ ムッキーの最大の特徴は、手袋型なので、はめた手で握ってこするだけと、使い方が簡単なことにあります。

包丁などと異なり、「刃」を使用していないので、非常に安全。お子さんでも怪我の心配なく使えます。

もちろん、ゴボウのほかにも、包丁では皮が剥きにくいジャガイモや里芋、山芋などにも使え、さらに、魚のウロコを取ることもできます。

また、手袋型であるために、山芋や里芋に触れると手が痒くなる方にとっては、直接触れずに皮が剥けるというメリットもあります。

手袋をはめて、握ってこするだけで、薄く綺麗にゴボウの皮が剥ける、皮むきグローブ ムッキー。キッチンに1組置いておくと便利であることは間違いなさそうです。

※商品名 皮むきグローブ ムッキー(ファイン)
・サイズ レギュラー(ほかに女性、子供用あり)
・寸法 全長:28cm/中指長さ:8cm/手のひら周り:23cm
・重量 約200g
・素材 塩化ビニル樹脂(非フタルサン対応)
・カラー オレンジ
・JANコード/ISBNコード 4942430201595

人気の記事

  1. 汗染み対策必須の時期、ワイシャツはコレ。
  2. AED(自動体外式除細動器) 自動体外式除細動器 レスキューハート HDF-3500
  3. ゲル状保水剤、チュピ プラント
  4. 消臭足もとカイロ 貼るつま先(桐灰化学)
  5. ゴルファーへのちょっと変わったプレゼント

アーカイブ

PAGE TOP