ticが日本経済新聞で紹介されました。

ticが日本経済新聞で紹介されました。

針と糸を使わずにボタンがつけられる魔法の道具、ticが日本経済新聞で紹介されました。

針と糸を使わずにボタンがつけられる魔法の道具、ticが4月5日の日本経済新聞の朝刊「NIKKEIプラス1」で、「お役立ちグッズ」として紹介されました。

想いもよらぬ時に取れてしまうボタン。慌てて付けようとソーイングセットを探してみるけれど、見つからない。見つけたとしても、針に糸を通して、ボタンをつける自信がない、そういう方におすすめなのが、ticです。

ticは、生地とボタン穴にticをセットしたら、カチッとクネクネすればあっという間にボタンがつけられます。時間にするとわずか10秒程度。ホチキスのような感覚なので誰にでも簡単にお使いいただけます。

しかも、ボタンを簡単につけられますが、これが応急処置というわけではなく、通常のシャツの使用方方法であれば、洗濯もできるほどの耐久性を持っています。

厚さ4ミリまでのボタンが取り付けられるので、ワイシャツやブラウスなど、シャツの部類のボタンであれば対応可能です。

1つのticで止められるのは、2つ穴。ですので、4つ穴ボタンの場合は、必要なticの数は2つ。1PCに4つ入っているので、緊急時のための準備として、1PC常備しておけば、いざというときにも安心。旅行や出張のときにもバッグに忍ばせておくのもよいかもしれません。

ticのプロモーション動画はこちらから>>
ticでボタンを付ける動きをスローでご覧いただける動画はこちらから>>

ボタン付けが簡単 tic

インターネットでご購入のお客様は
Amazonでお買い求めのお客様 >>>
楽天市場でお買い求めのお客様 >>

人気の記事

  1. CCTタオルは学校でもお使いいただいています
  2. 汗染みが目立たないワイシャツ
  3. ペイントペンをお探しなら、これ
  4. フレッシュマックスは綿100%
  5. クラフトグリル(CASUSGRILL)

アーカイブ

PAGE TOP