ワイシャツの汗染みの目立つ時期、対策は?

ワイシャツの汗染みの目立つ時期、対策は?

ちょっと動くともう汗だく、ワイシャツの汗染みの目立つ時期、対策は?

日中の気温がグッと上がって来て、汗っかきの方にはワイシャツの汗染みが悩ましい季節になりました。

ギューギューの満員電車、取引先への営業のための外出などちょっとの移動でもう暑くて大量の汗。しかし、汗っかきの方にとっては、ワイシャツの汗染みが気になってしまって、気軽にジャケットの脱ぎたくても脱げないもの。

ワイシャツへの汗染み対策には、汗取りパッドや速乾性・吸汗性のインナーなどありますが、ワイシャツそのものが汗染みを作らない、というのがイギリスで開発されたフレッシュマックスシャツ。

フレッシュマックスシャツは、見た目は通常のワイシャツ、しかも綿100%。しかし、生地を特殊な技術によって織っているために、汗が表面に染み出てこないつくりになっています。

綿だけではなく、通常ワイシャツなどをつくる生地は、水分(汗)が吸収されるとそのまま生地を貫通し、この貫通した部分が汗染みとなってしまいます。

ところが、フレッシュマックスの生地は、特殊な織り方によって生地の構造を通常と異なるように織られており、吸収された水分が貫通せずに、外側へと拡散されるようになっています。

この水分を外側に拡散させることによって、汗染みの原因ともなる生地の内部での水分飽和を防いでいます。

このフレッシュマックス生地、日本の検査機関でも「汗染みの見えない度」という検査も実施。最高評価が「5」という数値の検査で、「4~5」と非常に高い評価を獲得。一般の綿生地の「1~2」という評価と比べると、驚異的な数値であるといえます。

ワイシャツの汗染みの対策、そもそも汗染みを作らないフレッシュマックスシャツ、おススメです。

フレッシュマックスシャツ公式ストアはこちらから>>

フレッシュマックスブランドサイトはこちらから >>>
Amazonでお買い求めの方はこちらから>>
楽天市場でお買い求めの方はこちらから>>



人気の記事

  1. 地球まるごとすごろく(メガハウス)
  2. ダニの繁殖に適した気温、湿度は?
  3. 暑さ対策、熱中症対策にCCTの冷感タオル、オリジナルプリントも承ります。
  4. エアドリブル(今井パッケージ企画)
  5. 上履き洗ってネット(小久保工業所)

アーカイブ

PAGE TOP