ハンディータイプ ぱりっとアイロン台

片手で持てるアイロン台、ハンガーに掛けたままアイロンが掛けられます。

面倒な家事で、常に上位にランキングされるのが、アイロン掛けです。

このアイロン掛け、掛ける作業そのものはもちろんですが、アイロン台をセットするというのも、面倒さに拍車を掛けています。

そのせいか、最近では、シャツやジャケットをハンガーに掛けたままアイロンが掛けられるハンディータイプのアイロンも販売されるようになっています。

アイロンを掛ける工程を少しでもシンプルにするという意味で、ハンディタイプのアイロンは魅力的です。

ですが、ハンティタイプのアイロンでも、使用する際には、スチーマーと異なり、アイロン台が必要であることには変わりがありません。

そこで今回は、手に持てるアイロン台をご紹介します。袖の中にも入る工夫された形状のハンディタイプのアイロン台です。

左手にアイロン台、右手にアイロン本体、が実現できます。

持ち手となるグリップ部分と、その先端にはコンパクトなアイロン台。

片手で持てるアイロン台が、ハンディータイプ ぱりっとアイロン台。アーネストから販売されています。

重量もわずか145gと非常に軽量。左手にアイロン台、右手にアイロン本体を持ち、シャツなどをハンガーに掛けたままでも、アイロンが掛けられるというわけです。

ハンディータイプ ぱりっとアイロン台、のおすすめポイントは、
・片手に持てるアイロン台であること。
・かまぼこ型であること。
・袖の中にも入れられること。
・145gと軽量であること。
・スチームアイロンにも対応していること。
・実勢価格が1,500円と、手頃な価格であること。

半円柱状なので、平ら、アーチ状と使い分けができます。

このぱりっとアイロン台、その形状は円柱を半分に切った形。例えるなら、かまぼこ型になっています。

そのため、平らな状態はもちろん、カーブを描いたアーチ状でも使うことができ、使用する場面に応じて使い分けをすることも可能。

それに加えて、本体が元々コンパクトなサイズなこともあり、シャツの腕にもスッポリ入れられるため、スムーズにアイロン掛けができます。

スチームアイロンにも対応するように、表面をアルミシートで覆うという工夫もなされています。

面倒なアイロン掛けを、少しでもシンプルに、スムーズにするための、ハンディタイプのアイロン台。

通常のアイロン台に比べて、収納場所をとることもなく、1台あると、便利であることは間違いなさそうです。

※商品名 ハンディータイプ ぱりっとアイロン台(アーネスト)
・サイズ 全長34×幅9×高さ5cm
・重量 145g
・材質 本体:ポリプロピレン/カバー:綿100%、アルミコーティング加工/パッド:ポリエステル100%
・JANコード/ISBNコード 4989082768502

人気の記事

  1. 腹巻で岩盤浴効果
  2. サーフボードにペイント、自信がないなら、まずはフィンから。
  3. ダニ採りシート
  4. 冷えるタオルの団体様向け、大量購入制度。
  5. パンツプレス(ツインバード工業)

アーカイブ

PAGE TOP