3D時計 マニフォールドクロック

3D時計 おしゃれな壁掛け時計

シンプルな壁によく合う3D時計 マニフォールドクロック

平らな1枚のエンデューロペーパーが立体的な動きをすることで、刻々と時間を表示するのが3D時計、マニフォールドクロック。

このマニフォールドクロック、時計の長針と短針を立体的に動かすことによって時間を表示している、いわば「3D時計」。その動きは何とも不思議な感じ。

その立体的な動きは見る角度によっても違った動きに見えるのもマニフォールドクロックの特徴。ちょっと横から見ると、人間がらせん階段を昇っているように見え、真上からみると、今度は人が円の中をグルグルと歩いているようにも見えるから、また面白い。

3D時計ともいえるマニフォールドクロックは、元々数学の専門家であるデザイナーが作った作品。もちろん、この時計の立体的な動きにもRiemannという数学的概念を取り入れています。

製作はスタジオべー(Studio Ve)。イスラエルのデザインスタジオ。数学者でもあり、工業デザイナーでもあった2人のデザイナーによって起ち上げられたスタジオで、スタジオ設立の際には、このマニフォールドクロックなど2人の作品の完成度の高さや、デザインの素晴らしさに、実に多くの投資家により出資を受けています。

スタジオ設立以来2人の作品は、投資家たちの後押しもあって、あっという間に世界中に広がり、注目を浴びるようになりました。

日本でも購入できるようなったスタジオベーの作品の1号が、3D時計「マニフォールドクロック」です。シンプルな壁に3D時計、部屋の中で素敵な光景が見られます。

スタジオベー日本公式サイトはこちらから>>
楽天市場でお買い求めのお客様はこちらから>>

3D時計マニフォールドクロック

人気の記事

  1. お散歩ルミラバー(ハリオ)
  2. テレビシュミレーター(ハンファ・ジャパン)
  3. どこでも座れるリュック2(サンコー)
  4. クーキレイ DRLタイプ グロスホワイト(富士工業)

アーカイブ

PAGE TOP