米とぎ棒(曙産業)

水に触れずにお米が研げるグッズ、泡立て器のように使えます。

気温の低下とともに、水道の水の温度も下がり、毎日の食事の支度に欠かせない、米を研ぐ作業も辛い季節です。

今回ご紹介するのは、直接水に触れずにお米が研げるグッズです。水が冷たい今の季節、米研ぎの強力な助っ人になってくれる便利な商品です。

泡立て器のように、シャカシャカ混ぜれば、お米が研げる「米とぎ棒」。

お米を入れたボウルの中で、泡立て器のようにシャカシャカ混ぜることで、お米が綺麗に研げるのが、米とぎ棒。曙産業から発売されている、人気商品です。

この米とぎ棒が魅力的なのは、何といっても、使い方が簡単なことにあります。

ボウルなどに入れたお米を、泡立て器を使うようにグルグルとかき混ぜるだけ。

米研ぎ用に開発された、ひし形の網目が、効率よく乱流を発生させることで、綺麗にお米が研げるようになっています。

米とぎ棒、のおすすめポイントは、
・水に触れずに、お米がとげること。
・泡立て器のように、使えること。
・実勢価格が500円前後と、手頃な価格であること。

また、米とぎ棒は、先端が開いた状態なので、中にお米が溜まることがありません。

よく泡立て器などを使っていると、網の中に材料が溜まってしまうことがあり、ちょっとしたストレスになりますが、それもありません。

材質もポリプロピレン製なので、数十グラムと非常に軽量なのも作業がしやすい点です。

いくら水が冷たいからと言って、まさかお湯でお米を研ぐわけにはいかず。

また、怪我をされている方、ネイルをされている方など、極力手を水に触れさせたくない方にも、米とぎ棒、おすすめです。

※商品名 米とぎ棒(曙産業)
・サイズ 長さ292×直径48mm
・重量 約70g
・材質 本体:ポリプロピレン/ハンドル:ABS樹脂
・カラー 3種類(ホワイト、ピンク、グリーン)
・JANコード/ISBNコード 4954267050895 ほか

人気の記事

  1. 神戸牛 特選カタログギフト 1万円コース
  2. ガラス用絵の具
  3. 無添加 泡で出てくるベビーせっけん 250ml(ミヨシ石鹸)
  4. プラフレンドとiPhone 大きさを比較
  5. 針と糸を使わずにボタンをつける魔法の道具tic

アーカイブ

PAGE TOP