ちょっと変わった壁掛け時計

ちょっと変わった壁掛け時計。

1枚の紙が時刻を表示する、ちょっと変わった壁掛け時計

その動きがちょっと変わっている壁掛け時計ということで人気なのがマニフォールドクロック。

長針と短針の動きを見ていると、人がらせん階段を昇っているように見えたり、また違った角度から見ると円を中心にして人がグルグルと周っているようにも見えます。

そう見える理由もちょっと変わっていて、このマニフォールドクロック、実は1枚の紙で長針と短針を表示しており、それが刻々と時刻を刻んでいきます。使っている紙はエンデューロペーパー。

要するに、1枚の紙を「立体的に」動かすことによって時刻を表示する、という言ってみれば3D時計。

イスラエルのデザインスタジオ、スタジオベーで作られている、このマニフォールドクロック。時計の動きに数学的概念を持ち込むことによって、立体的な動きで時刻を表示する3D時計を実現。

非常にシンプルながらも、変わった時計、面白い時計として作品発表後から、問い合わせが相次ぎ発売に至ったという経緯。

2010年のスタジオ創設の際には、マニフォールドクロックをはじめとする創設者の作品に興味を示した投資家が多数集まり設立、瞬く間にイスラエル国内のみならず、世界へと発信され、販売されています。

このマニフォールドクロックをはじめとするスタジオベーの作品は、空想上の概念を形にするというコンセプトの下、自分たちで100%納得いく作品をお客様の元に届けたいという想いで、企画・生産を自らの手で行っています。

1枚の紙で時刻を表示させる、ちょっと変わった壁掛け時計、マニフォールドクロック。特に、シンプルな部屋におすすめです。

人気の記事

  1. 自分に合うかどうか、シャンプーを替えるのには勇気がいるという方、まずはお試しください。サンナホル シャンプー お試しセット
  2. クラッシュボックス(Joseph Joseph)
  3. ノコリー キーホルダー(ブライトンネット)
  4. 自分でできる簡単裾上げ
  5. 紫外線をどれくらい受けたかが分かるリストバンド

アーカイブ

PAGE TOP