スパークガード 100 TSG-K100D(TRUSCO)

静電気を防ぐための、ドアノブ横に貼っておくシール。

冬の乾燥シーズンの悩みの一つともいえるのが、静電気です。ドアノブに触れると、バチッバチッと嫌な感触。酷いときには痛みも感じるほどです。

この静電気は、体内に溜まった電気が、金属などに触れた際に一斉に放出されることで起こる仕組み。

であれば、金属などに触れる前に、体内に溜まった電気を予め放出しておくことで防げるものです。

そこで今回は、触れることで、体内に溜まった静電気を放出・除去できるシールをご紹介します。

ドアノブなどの横に貼っておき、ドアノブに触れる前に、まずシールに触れる、という使い方ができる商品です。

静電気が起きやすいドアノブなどに、予め貼っておける、静電気対策用のシール。

手を触れることで、体内に溜まった静電気を放出・除去してくれるシールが、スパークガード、という商品。TRUSCOから発売され、人気になっています。

シールタイプなので、予めドアのノブの横に貼っておくことで、いつでも静電気対策ができる状態になる、というわけです。

スパークガード、のおすすめポイントは、
・シールに触れるだけなので、使い方が簡単なこと。
・シールにイラスト付きの説明があるので、わかりやすいこと。
・予め貼っておくことで、いつでも使えること。
・実勢価格が1,200円前後と、手頃な価格であること。

シールには、イラスト付きの説明が記載されており、初めて目にする方でも使い方がわかるようになっています。

見た目もオシャレにデザインされており、自宅でも仕事場でもシールを貼ることによる違和感もありません。

貼っておくことで、いつでも静電気対策ができる状態に。

静電気対策の商品といえば、アクセサリータイプや、スプレータイプなど、様々な種類のものが販売されており、もちろん、それぞれ使用する場面に応じた使い方があります。

このスパークガードは、頻繁に触れるドアノブなどに対して、その脇に貼っておくことで、いつでも使える状態にできるのがメリット。

その都度グッズを取り出して、なんらかの作業をするような、面倒くささがありません。

シールの大きさは10cm四方と、5cm四方の2タイプ。シールなので、購入後、直ぐに貼ることができます。

シールを貼っておき、そこに触れるだけで、静電気に悩まされることがなくなるスパークガード。冬の静電気対策に、おすすめのグッズです。

※商品名 スパークガード 100 TSG-K100D(TRUSCO)
・入数 2枚
・シートサイズ 100×100×1.5mm
・重量 33g
・表面抵抗値 10×10(9~10乗)Ω
・備考 両面テープ付
・材質 特殊除電樹脂(塩化ビニール製ベース)
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード 4989999426045

人気の記事

  1. 紅茶 おすすめ。
  2. 充電式エアダスター SHUっとね(サンコー)
  3. Nail+ ネイルプラス(長谷川刃物)
  4. サーフボードにペイントするときに使うペン
  5. エクスジェル mini PUNI(EXGEL)

アーカイブ

PAGE TOP