アーユル メディカルシート

座るときに骨盤を立たせる、サポートグッズ。

座っているときに、骨盤を立てた状態することで、椎間板や神経への負荷が掛りにくく、結果として腰痛が緩和、改善されます。

これが、前のめりだったり、後ろに反った状態で座り続けると、腰痛だけではなく、首や肩が凝ったり、目の疲れまでをも引き起こします。

とはいえ、仕事や勉強などで机に向かう際に、常に意識して骨盤を立たせておくというのは、習慣がつくまではなかなか難しいものです。

そこで今回は、椅子に座る際に、骨盤を立たせるための、サポートグッズをご紹介します。

椅子の上に乗せて使うタイプなので、今使っている椅子にそのまま使えるのが便利な商品です。

椅子に座る際にも、床に直に座る際にも、骨盤が立たせられる「アーユル メディカルシート」。

30cm×30cmほど、どちらかというと小さな座面。これに、高さ30cmの背もたれ(腰あて)がついているのが、アーユル メディカルシート、という商品。アーユル チェアーブランドから発売されています。

使い方は至って簡単。今使っている椅子の座面に乗せるか、床に直置きして座椅子替わりに使うかの2通り。

座るだけで、骨盤が立った状態になり、座る際の利用的な姿勢が保てるようになっています。

アーユル メディカルシート、のおすすめポイントは、
・座るだけで、骨盤を立たせられること。
・現在使用している椅子がそのまま使えること。
・床に直に置いて、座椅子としても使えること。
・座面が適度な硬さなので、坐骨で座るコツが身につくこと。
・子どもから大人まで、幅広い年齢層で使えること。

小さな座面だからこそ、坐骨で座れます。

このアーユル メディカルシートは、座面がコンパクトであることがポイント。通常のイスに比べても、その大きさは1/3ほど。

そのため、座る際には、普通に座るというよりかは、どちらかというと、跨って座るイメージ。

座面が小さいことで、左右の坐骨の2か所で座る状態が生まれ、結果として、骨盤を立てまま座っていられる、というわけです。

もちろん、通常のイスの背もたれとなる、腰あてもあるので、負荷が掛りすぎることなく、理想的な姿勢を維持することができます。

座面の素材には発砲ウレタンを使用しているため、弾力がありつつ、適度な硬さ。体勢のブレを防げるようになっています。

通常この手の商品は、椅子そのものを買い替える必要がある場合も多いものです。

その点、このアーユル メディカルシートは、椅子の上に乗せて使うタイプ。

なので、現在使っている椅子がそのまま使えるのはもちろん、イス間での移動ができるのも便利。もちろん、直置きで座椅子として使うこともできます。

骨盤を立てて座ることで、腰痛を始め、肩こり、首痛などの症状が緩和、改善される可能性も高く、また、それにより集中力がアップする効果も期待できます。

座るときの姿勢に悩んでいるなら、アーユル メディカルシートの使用がおススメです。

※商品名 アーユル メディカルシート
・サイズ 幅300mm×奥行330mm×高さ240mm
・重量 3.7kg
・材質 座面・腰あて部:表皮一体形成発泡ウレタン/背座支持金物:鋼板プレス加工品
・生産 台湾
・カラー 4種類(ブラック、ベージュ、レッド、ブラウン)
・保証 3年間(保証書提示の場合)

人気の記事

  1. 胎児姿勢になれる抱き枕(MOGU)
  2. サーフボードペイント通販
  3. Sururu するる(東京商工社)
  4. 汗染みを防ぐ素材で作ったワイシャツ。
  5. バロクック レクタンギュラー M

アーカイブ

PAGE TOP