POCKETALK(ポケトーク)(ソースネクスト)

手のひらサイズの小さな翻訳機、機械が通訳してくれます。

観光や仕事、留学などで日本にやってくる外国人の方が年々増え続けています。

中には、会話に困らないほど、日本語がペラペラな方もいらっしゃいますが、皆が皆、そうではないのが現実です。

とはいえ、せっかく出会ったのも何かの縁でもありますし、また、仕事上コミニュケーションを成立させる必要がある場合もあります。

そこで今回は、手のひらサイズの翻訳機をご紹介します。本体に向かって話しかけると、それを相手の言語に翻訳して発声してくれるという、非常に便利な商品です。

世界50ヶ国以上の言語に対応している、小さな翻訳機。

例えば、自分とアメリカ人との会話。自分は英語がしゃべれず、相手は日本語を話せない。

そういうとき、本体に向って日本語で話しかけると、それを英語に翻訳して、音声として発してくれる。

その返事として、相手が英語で本体に向けてしゃべると、今度は日本語に翻訳して音にしてくれ、会話を成立する。

そういったことができるのが、POCKETALK(ポケトーク)という商品。ソースネクストから発売されています。

翻訳可能な言語は、日本語、英語を始めとして、世界50か国以上の言葉。日本語からの翻訳だけはなく、外国語同士での翻訳も可能。なのが特徴といえる翻訳機です。

POCKETALK(ポケトーク)、のおすすめポイントは、
・話しかけるだけで、相手の言語に翻訳して音声が発せられること。
・50ヶ国以上の言語に対応していること。
・翻訳の精度が高いこと。
・翻訳スピードが速いこと。
・コンパクトかつ軽量なので、携帯性にも優れていること。

翻訳精度の高さ、処理スピードの速さが特徴です。

このPOCKETALK(ポケトーク)、使用するにはインターネット環境が必要なことには注意が必要です。

Wi-Fi環境、もしくはメーカー指定の通信カード(SIM)を使用する必要があります。

ただし、このインターネット環境が必要なことが、かえって、POCKETALK(ポケトーク)の強みにもなっていることは強調すべき点です。

というのも、本体にすべての機能を持たせるとなると、当然ながら物理的にも極限られた機能になってしまいます。

それをインターネットを通じ、クラウド上で行うことで、本体だけでは到底不可能な高度な処理や、言語ごとの最新なエンジンを用いることができるよになっています。

それにより、翻訳精度の高さや、翻訳スピードの速さを実現している、というわけです。

使い方も簡単で、誰もが使いやすいシンプルな構造なのも魅力的です。

これから増々増えるであろう訪日外国人との会話に困らないためにも、POCKETALK(ポケトーク)、1台あると便利です。

※商品名 POCKETALK(ポケトーク)(ソースネクスト)
・商品種別 翻訳機
・内容 本体、充電用ケーブル(microUSB)、ユーザー・マニュアル、スタートガイド
・サイズ 110×60×16mm
・重量 約90グラム
・プロセッサ クアッドコア1.3GHz ARM7
・メモリ ROM:8GB/RAM:1GB
・ディスプレイ 1.3インチ、320×320ピクセル
・タッチパネル ジェスチャーコントロール、タッチボタン×5、インスタントON
・ワイヤレス通信 Wi-Fi:802.11b/n
・SIMカード/通信 W-CDMA方式、3Gのみ利用可。850/1900/2100MHzに対応。日本国内では2100MHz(docomo)で利用可能。
・電源部 リチウムイオンバッテリー(容量:2000mAh、電圧:DC3.7V)
・マイク ノイズキャンセル機能搭載の内蔵デュアルマイク
・オーディオ 外部オーディオ/マイク対応3.5mmプラグ、内蔵ダイナミックスピーカー
・動作時間 待機時:約5日間/連続翻訳時:約6時間
・JANコード/ISBNコード 4549804461007

人気の記事

  1. 脱いだスーツが邪魔なとき。
  2. 夏用 ワイシャツ
  3. 脱臭機能紙 ひとちぎり
  4. PORTABLE SUIT HANGER
  5. 食べごろどんぶり(ドウシシャ)

アーカイブ

PAGE TOP