TRENE(トレネ)(キングジム)

荷物の見張り番、荷物が動くとスマホのアラームが鳴ります。

電話が掛ってきたり、トイレに行きたくなり、急ぎ席を外したい。

その際、机の上に置いてあるタブレットやノートパソコン、手帳などをわざわざ片づけるのは面倒です。

とはいえ、いずれも大切なものでもあり、ちょっと席を外した隙に、盗まれたなんていうことは、何としても避けたいものです。

そこで今回は、そういうときに役立つモニタリングアラームをご紹介します。本体をのせた荷物が動くと、スマホにアラームが届くというもの。小さな見張り番というイメージで使えます。

小さな見張り番「TRENE(トレネ)」、荷物が動くとスマホに通知してくれます。

例えば、机の上に置いてあるノートパソコン。席を離れる際には、これに本体を乗せておきます。

すると、本体が動いた瞬間に、それをアラームとしてスマホに通知してくれるというのが、TRENE(トレネ)という商品。キングジムから発売されています。

TRENE(トレネ)、のおすすめポイントは、
・荷物の見張り番をしてくれること。
・軽量かつコンパクトであること。
・使い方や、操作がシンプルで簡単なこと。

TRENE(トレネ)本体は、直径4cm、高さ2.9cmと指先でつまめる程度の大きさ。重量も約18gと非常に軽量。

この本体の中に、加速度センサーが内蔵されており、動きを感知できるようになっています。

これをスマートフォンと連携させ、動きを感知したら、警告としてスマホに通知がいくという仕組み。

TRENE(トレネ)本体を、ノートパソコンや手帳の上などに乗せておくだけで、見張り番の役割を果たしてくれる、というわけです。

使い方もシンプル、注意すべきはスマホは必ず携帯しておくこと。

小さな見張り番、TRENE(トレネ)は、使い方も簡単でわかりやすいのも特徴の一つです。

最初にスマホとの連携やアプリのダウンロードの必要にはなりますが、初期設定さえ済ませば、あとはほぼ自動で動いてくれます。

スマホを持ってTRENE(トレネ)から離れた状態になると、自動で見張りを開始。TRENE(トレネ)のそばに戻ると、スマホとの通信が切れて見守りも終了。

もちろん、その間にTRENE(トレネ)が動かされるようなことがあれば、スマホにアラームが行くようになります。

このように、ちょっと席を外したいときに非常に便利な、TRENE(トレネ)ですが、使用に際して注意すべきことが一つ。

それは、席を外すときにスマホを持ち歩くことを忘れないこと。

スマホも机の上に置きっ放しにしてしまうと、せっかくのアラームも机の上で鳴ることになってしまいます。

その点だけ注意すれば、ちょっと席を外すときに、荷物の心配をせずに済む、モニタリングアラーム、TRENE(トレネ)、非常に便利な商品です。

※商品名 TRENE(トレネ)(キングジム)
・用途 モニタリングアラーム
・サイズ  約Φ40×29mm
・重量 約18g
・通信方式 Bluetooth 4.1(Bluetooth Low Energy) Bluetooth
・電源 リチウムイオンポリマーバッテリー
・連続使用時間 約20時間
・充電時間 約2時間
・動作環境 温度5~35℃/湿度30~80%(非結露)
・保存環境 温度-10~55℃/湿度5~80%(非結露)
・セット内容 アタッチメント、アタッチメント用両面テープ、ストラップ、クイックスタートガイド(保証書付)
・品番 TRN10 クロ
・JANコード/ISBNコード 4971660775217

人気の記事

  1. ボードスティックスが体験できるワークショップを湘南で開催します!
  2. 足裏マッサージ器 コンフォートトップ
  3. 家庭用スティッククリーナー(ケルヒャー)
  4. プロジェクト耐水ノートB6(オキナ)
  5. ウインブルドン2014公式グッズ、限定発売中!

アーカイブ

PAGE TOP