ワンタッチビールサーバー(グリーンハウス)

缶ビールの泡立てグッズ、邪魔にならない小さな家庭用ビールサーバー。

生ビールの魅力といえば、なんといってもクリーミーな泡立ちです。これを家で缶ビールで実現しようと思っても、なかなか難しいのが現実です。

最近では、缶ビールを生ビールのように注ぐための、缶ビールの泡立てグッズ、いわゆる家庭用ビールサーバーがさまざまなメーカーから販売され、人気になっています。

とはいえ、缶ビールの泡立てグッズは、サイズとして結構大きめのもの多く、そうなると収納場所に困ることにもなります。

そこで今回は、コンパクトな缶ビールの泡立てグッズをご紹介します。小さいながらも超音波振動を利用しているので、きめ細かく泡が楽しめます。

小さな缶ビール泡立てグッズ「ワンタッチビールサーバー」。自宅で生ビールのような泡が楽しめます。

サイズは、約7.1cm×9.4cm、高さが3.1cmほどと非常にコンパクト。これを、缶ビールの上の部分に取り付けてボタンを押せば、キメ細かく泡立つ仕掛け。

そのままコップに注げば、まるで生ビールのようになるというのが、ワンタッチ ビールサーバーという商品。グリーンハウスから発売されています。

ワンタッチ ビールサーバーは、従来の缶ビール泡立てグッズの中でも、群を抜いて小さいことが大きな特徴。手軽に使えて、邪魔になることがありません。

ワンタッチビールサーバー、のおすすめポイントは、
・缶ビールでも、生ビールのようなきめ細かい泡が楽しめること。
・サイズが小さく、扱いやすいこと。
・500ml缶、350ml缶などに対応していること。
・乾電池を使用するので、コード類の煩わしさがないこと。
・注ぎ口が丸洗いできること。

毎分4万回の超音波振動で、クリーミーにキメ細かく泡立ちます。

このワンタッチ ビールサーバー、泡を立てるのに利用しているのは、超音波の力。

1秒缶の振動回数が約4万回という、非常に細かくスピーディーな振動が、クリーミーな泡を作り出します。

コップに注ぐ際には、最初は液体部分を、程よい所で本体ボタンを押して、泡立て、それを注ぐようなイメージ。

液体部分と泡は、7対3程度にすることで、美味しく飲める比率とされています。

電源には乾電池を使用するので、電気の使えない屋外でも使えます。もちろん、電気コード類がないので、使用する際に煩わしさを感じることもありません。

注ぎ口は丸々洗えるので、使った後には洗って保管しておけば、次回も衛生的に使えます。

ビールが好きな方にしてみれば、家庭で缶ビールを飲むにしても、お店で飲むような生ビールのように飲みたいものです。

家庭用の缶ビール泡立てグッズ、ワンタッチビールサーバー、たかだビール、されどビール、自宅でのささいな楽しみを、より豊かにしてくれます。

※商品名 ワンタッチビールサーバー(グリーンハウス)
・対応缶 500ml、350ml、330ml、250mlの缶ビール・発泡酒
・電源 単4形アルカリ乾電池×2本(別売り)
・電池持続時間 約30分
・サイズ W71.5×W94.7×H31.3mm
・重量 約74g
・耐熱温度 60℃/耐冷温度 -5℃
・対象年齢 20歳以上
・品番 GH-BEERM
・JANコード/ISBNコード 4511677114823

人気の記事

  1. 網掃除に最適、エココッパークロス
  2. スーパーウルトラコンパクト布団(エムール)
  3. プラフレンドでクリスマスオーナメントを作ろう
  4. 外国人による料理教室
  5. やわらか珪藻土バスマットSOSA

アーカイブ

PAGE TOP