フィルターインコーヒーボトル

水出しコーヒー用のポットはコレがおすすめ、スリムで邪魔にならず、手間も掛りません。

まもなく初夏、そして夏、アイスコーヒーの美味しい季節です。アイスコーヒーを家庭やオフィスで作る際、試してみたいのが、水出しコーヒーです。

水出しコーヒーは、水の状態からじっくりとコーヒーを抽出するもので、コーヒー本来の香りを逃さないこと、甘みが感じられること、苦みが柔らくなること、などがメリットとされています。

ただ、水出しコーヒーを作るのためには、専用の器具や機材が必要というイメージを持っている方が多いようです。

そこで今回は、簡単に水出しコーヒーが作れる、専用のポットをご紹介します。スリムなボトルタイプなので、冷蔵庫に入れても邪魔にならないのが特徴のポットです。

水とコーヒー粉を入れて、冷蔵庫に入れておくだけで、水出しコーヒーが作れるポット「フィルターインコーヒーボトル」。

直径約8cmに高さが30cm、デザインもオシャレなボトル。実は、これが水出しコーヒー専用のポットというのが、フィルターインコーヒーボトルという商品。ハリオから発売され、人気になっています。

このフィルターインコーヒーボトルは、ボトル本体の中に、コーヒーの粉を入れるための濾し器(ストレーナー)が設置されているもの。

ストレーナーの中にコーヒー粉を入れ、水を注いで、左右に軽く振り、後は冷蔵庫に入れるだけ。

すると、8時間後には、じっくり抽出することで、雑味や渋みのない、程よく冷えたアイスコーヒーが楽しめる、というわけです。

フィルターインコーヒーボトル、のおすすめポイントは、
・家庭やオフィスで、水出しコーヒーが簡単に作れること。
・スリムなボトルなので、冷蔵庫に入れても邪魔にならないこと。
・見た目がオシャレであること。
・実勢価格が2,000円前後と、手頃な価格であること。

準備するのは、水とコーヒーの粉だけ。もちろん、氷やフィルターも使いません。

ストレーナー部分のメッシュ部分は、非常に細かいため、コーヒーの粉がアイスコーヒーに混ざってしまうこともありません。

もちろん、熱いコーヒーを冷やすという作業がないため、氷を用意する必要もありません。夜、水出しコーヒーをセットして冷蔵庫に入れておけば、翌朝からアイスコーヒーが楽しめるようになります。

アイスコーヒーを家庭やオフィスで飲む場合に、市販のペットボトルに入ったものを買ってくる、というのも一つの手です。

ですが、自分の好みのコーヒー豆や粉を使って作るのも、市販品とはまた違った、アイスコーヒーの楽しみ方のひとつです。

これから暑くなり、アイスコーヒーの欠かせない季節です。アイスコーヒーが好きな方に、フィルターインコーヒーボトル、おすすめです。

※商品名 フィルターインコーヒーボトル(ハリオ)
・サイズ 幅87×奥行84×高300mm
・容量 5杯専用
・重量 約500g(個箱含む)
・材質 本体:耐熱ガラス/注口・栓:シリコーンゴム/ストレーナーフレーム:ポリプロピレン/メッシュ:ポリエステル
・生産 日本
・品番 FIC-70-MC
・カラー モカ(ほかにショコラブラウンあり)
・備考 食洗機使用可。
・JANコード/ISBNコード 4977642033436

人気の記事

  1. ビューティーシェイプ ストレッチャー(イモタニ)
  2. 全米ゴルフ協会認定のカード型ゴルフティー。
  3. パネもく! 松阪牛焼肉セット 300g(景品パーク)
  4. フレッシュマックスシャツがメンズファッションランキング1位を獲得中
  5. 月刊GoodsPress(グッズプレス)8月号でticが紹介されました。

アーカイブ

PAGE TOP