野菜ファインパウダー にんじん 40g

ニンジン嫌いを克服したいなら、こういう手もあります。

ニンジンが嫌いな方が、大人、子どもに限らず、結構多いようです。

もちろん、ニンジンが嫌いであれば、わざわざ食べなくてもよい、という考え方もあります。ですが、お子さんの場合、栄養バランスや将来のことを考えると、親としては、何とか食べさせたいという気持ちにもなります。

そういう場合、ニンジンをみじん切りにしたり、すりおろしたりして、料理の中に入れる手もありますが、作業としては少々面倒。

そこで今回は、粉末状になったニンジンのパウダーをご紹介します。国産のニンジンを使っているので、お子さんが食べるにしても安心です。

粉末状になったニンジン、これならニンジン嫌いでも、スンナリ食べられる(はず)。

ニンジンを粉末状にして、料理やお菓子の材料として使えるようにしたのが、野菜ファインパウダー にんじん、という商品。三笠産業から発売されています。

みじん切りや、すりおろしとは異なり、ニンジンの形が一切残っていないので、料理に入れても、ニンジン嫌いのお子さんでもバレル可能性も極めて低く、すんなり食べてくれる、というわけです。

野菜ファインパウダー にんじん、のおすすめポイントは、
・超微細な粉末であること。
・料理やお菓子の材料に使えること。
・国産のニンジンを使用していること。
・加工過程で、洗剤などを使用していないこと。
・ニンジンのほかにも、様々な野菜や果物がラインナップされていること。

この野菜ファインパウダー、原料にはすべて国産のニンジンを使用しているのが特徴です。

収穫されたニンジンの洗浄から始まり、カット、さらに洗浄、殺菌、乾燥という工程を経て作られていますが、洗浄は、高温の水蒸気を使って行うため、洗剤などは不使用。

国産であることや、洗剤などを使用せずに製品化されていることで、お子さんの口に入れることを考えても安心、というわけです。

粉末そのものは、10ミクロンという非常に微細な大きさにまで、粉砕されています。ミリの単位でいえば、1/100mmという小ささ。粉っぽさを感じるどころか、かえって口の中でとろけるような感覚だとか。

分量でいえば、生のニンジンと比べると、約1/9ほど。例えば、この人参パウダーを10g食べるのと、生の人参を90g食べるのと同じ、というイメージです。

この野菜ファインパウダー、今回はニンジンをご紹介していますが、このほかにも、
・レンコン
・とうもろこし
・ブロッコリー
・ほうれん草
・生姜
など、様々な種類の野菜や果物がラインナップされており、アイデア次第で使い方も無限に広がります。

ニンジン嫌いを克服するのに、粉末状のニンジン、野菜ファインパウダー、使ってみる価値はありそうです。

※商品名 野菜ファインパウダー にんじん(三笠産業)
・内容量 40g
・野菜換算値 約1/9
・備考 脱酸素剤入りなので、注意のこと。
・その他 にんじんのほか、様々な種類の野菜あり。

人気の記事

  1. マグーラ ライト(コラントッテ)
  2. フェイススタイリングキット NT5172/16(フィリップス)
  3. おひつ部分が取り外せる炊飯器。おひつ御膳 RZ-WS2M(日立アプライアンス)
  4. 紫外線をどれくらい受けたかが分かるリストバンド
  5. 競馬グッズなら、ターフィー通販クラブ

アーカイブ

PAGE TOP