大人の流しそうめん

流しそうめん器、自宅でも、屋外でも流しそうめんが楽しめます。

夏の代表的な食事といえば、素麺(そうめん)です。猛暑の中、冷たくて細いそうめんをすするのは、夏の醍醐味ともいえます。

とはいえ、そうめんもごく普通の器に盛って食べるというのは、何だか味気がないものです。たまには、家族や仲間と楽しく食べる機会を設けてもよいかもしれません。

そうなると、流しそうめんの出番となります。そこで今回は、流しそうめんが家庭で手軽にできる、流しそうめん器をご紹介します。乾電池を使用するタイプなので、電気のない屋外でも使え、キャンプやバーベキューの際にも楽しめます。

家族や仲間と流し素麺が楽しめる「大人の流しそうめん」。

らせん状になった透明のスライダー。その上部にそうめんをセットしておけば、自動でそうめんを流してくれるというのが、大人の流しそうめん、という商品。ドウシシャから発売されている、家庭用の流しそうめん器です。

家庭用の流しそうめん器というと、よく見かけるのは、子供向けのおもちゃっぽいデザインのものです。

ところが、今回ご紹介している流しそうめん器は、商品名にもある通り、大人向け・一般向けのもので、落ち着いた感じのデザインなのが特徴です。また、スライダーはクルリと回るらせん状なので、どの方向からでもそうめんを楽しめるようになっているのも嬉しい工夫といえます。

大人の流しそうめん、のおすすめポイントは、
・流し素麺が手軽に楽しめること。
・素麺が冷やせるなど、機能が充実していること。
・スライダーがらせん状なので、どの方向からでも手が届くこと。
・乾電池式なので、屋外でも使えること。

単なるスライダーではなく、流しそうめんが楽しめるよう、随所に工夫がなされています。

この大人の流しそうめんは、単にスライダーがある、というだけではなく、使いやすいように随所に工夫がなされているのが特徴です。

例えば、そうめんを流すタイミングが、調節できたり、流れ落ちたそうめんが溜まる桶の部分は水流により、そうめんが流れ続けるようになっていたり。

また、稼働は乾電池を使用するタイプなので、電気がない場所、屋外などでも使えます。キャンプやバーベキューなど、アウトドア時に流しそうめん、というのもよいかもしれません。

実は、流しそうめんには、その魅力を世界に発信するために、世界流しそうめん協会という協会が存在しています。この大人のながしそうめんは、その協会の公式流しそうめん器にも認定されていることもご紹介しておきます。

今年の夏は、大人の流しそうめんを使って、ご自宅で、屋外で流しそうめんを楽しんでみませんか?

※商品名 大人の流しそうめん(ドウシシャ)
・サイズ W470×D355×H550mm
・重量 2100g
・素材 ABS/シリコーン
・電池 単2形アルカリ乾電池×4本(別売り)
・品番 DWS-18
・JANコード/ISBNコード 4550084270760

人気の記事

  1. 水性マーカー 水拭きで消せるマッキー
  2. ボックス ボトル ストッカー(グローリーセカンド)
  3. ファッションサンプル 購入できる。
  4. アンキスナップ スマホで暗記(ぺんてる)
  5. 裁縫が苦手な方の必需品。

アーカイブ

PAGE TOP