バーベキュー用ホイル

バーベキューのとき、料理を焦がさないための特殊なホイル。

屋外でバーベキューをするのにちょうどよい季節になりました。バーベキューといえば、肉や魚、野菜を焼いて、最後に焼きそば、というのがお決まりのコースです。

とはいえ、鉄板を使うと、普段使い慣れていないこともあり、食材が焦げる、焦げる。焼きそばにいたっては、麺を半分以上、焦がしちゃった、なんていう経験のある方も多いはずです。

そこで今回は、料理を焦がさないための特殊なホイルをご紹介します。バーベキューのときに、網などの上に敷いて、その上で調理をすれば、食材が焦げ付きにくいという、便利な商品です。

特殊なコーティングが施されたホイル、食材が焦げ付きにくくなります。

バーベキューをする際に、網の上などに敷き、その上で調理することで、食材が焦げ付きにくくなるというのが、バーベキュー用ホイル、という商品。タカコーポレーションから発売されています。

このバーベキュー用ホイルは、焦げ付きを防ぐために、ホイルにセラミックをコーティングしたもの。

バーベキュー時の鉄板の代わりとしてのほか、自宅のオーブントースターやホットプレート、フライパンでの調理時にも使え、さらに、万一の災害時にも、フライパンの代わりにもなるなど、使用用途は多岐に渡ります。

バーベキュー用ホイル、のおすすめポイントは、
・調理の際に敷けば、食材が焦げ付きにくくなること。
・屋外でのバーベキュー時のほか、自宅での調理、災害時にも役立つ事。
・繰り返し使えること。

アルミホイルを敷いても、焦げ付きを防ぐことはできません。

バーベキューの際に、網に一般的なアルミホイルを敷いた場合、網の汚れ防止にはなるものの、アルミの熱伝導率の高さから、焦げ付きを防止することはできません。

それを、セラミックをホイルにコーティングすることで、焦げ付き防止を可能にした、というわけです。

調理道具の一つにフライパンがあります。このフライパンも、鉄製のものは焦げ付きやすいというのは、皆さんご存知の通り。

そこで、現在ではセラミックやフッ素樹脂を表面に塗布し、焦げ付きにくいフライパンが主流になっていますが、このバーベキュー用ホイルは、それをホイルに応用したイメージというとわかりやすいかもしれません。

汚れたら、キッチンペーパーなどで拭き取れば、繰り返し使えるのも便利な点。色は、通常のアルミホイルと異なり黄色っぽく、これはセラミックの色。

バーベキューの際、料理を焦がして残念な思いをしないためにも、バーベキュー用ホイル、使ってみてはいかがでしょう。

※商品名 バーベキュー用ホイル(タカコーポレーション)
・サイズ 幅25cm×長さ3m×厚さ0.03mm
・素材 アルミ、黄土セラミック
・JANコード/ISBNコード 4562312660410

人気の記事

  1. 空気を入れて使うテント、エアフレームテント FISTRAL ヘイムプラネット
  2. SpotCam-Ring
  3. iPhone用充電ステーション ロリオ・ケーブル収納付きLightning用充電ステーション。
  4. 枕選びに困ったら、ぴろコレ!
  5. 一人deカラオケDX(イーアンドケー)

アーカイブ

PAGE TOP