えりかけ扇風機 BodyFan

携帯できる扇風機、シャツの中まで涼しい風が入り込みます。

今年も猛暑の予報が早々と発表されました。暑くなる気配もチラホラ、早めの暑さ対策が必要なようです。

暑さ対策といえば、ここ数年、屋外での作業用に、超小型の携帯できる扇風機をよく見かけます。

この携帯できる扇風機は、ストラップなどで首から吊るし、首や胸元、顔などに涼しい風を当てるためのものです。

もちろん、それでも一定の効果はあるものの、やはり暑さや蒸れを感じるのは、シャツの中。いくら通気性のよいシャツでも、猛暑の際には汗などでベットリ、不快です。

そこで今回は、携帯できる扇風機の中でも、シャツの中に風が送れるという、新しいタイプのものをご紹介します。シャツの襟(エリ)に掛けられるように工夫がなされていることが特徴です。

襟(エリ)に掛けられる小型扇風機、シャツの中まで風が届きます。

直径が約10cmほどの小さな扇風機。これに、特許技術を使ったクリップをつけることで、シャツの襟(エリ)に掛けられるようにしたのが、えりかけ扇風機 BodyFan。熱中症対策研究所から発売されています。

これまでの携帯できる扇風機と異なり、シャツの襟に掛けて使えることが最大の特徴。こうすることで、シャツの中まで風を送りこむことができるようになっています。

えりかけ扇風機 BodyFan、のおすすめポイントは、
・シャツの襟に掛けられること。
・シャツの中に風を送り込めること。
・ストラップを使えば、首掛式にもなること。
・フル充電で最長8時間の運転ができること。

特許取得のクリップ、身体の動きを邪魔しません。

この小型扇風機、体の前であれば胸元に、後ろであれば襟の部分に取り付けて使うイメージ。

クリップにはウイングが一体化されており、ウイングによって風の通り道をシャツの中へと風を送り込むことができるようになっています。

また、クリップの形にもこだわり、人間工学的視点を取り入れることで、身体の動きを邪魔することがないのも特徴の一つといえます。

重さは213gと軽量で、シャツに装着しても負担になることはありません。もちろん、ストラップに通すことで、従来型と同じように首掛式としても使えます。

また、4インチタイプのほか、一回り小さな3インチタイプも発売されており、身体のサイズに応じて選べるようになっています。

これから暑くなる季節、シャツの中に風を送り込める、えりかけ扇風機 BodyFan、屋外室内問わず、活躍の機会が多そうです。

※商品名 えりかけ扇風機 BodyFan
・サイズ 4インチファン(幅:10.4cm)
・重量 213g
・素材 ポリプロピレン、ポリカーボネートなど
・付属品 リチウムイオン電池、USBコード
・備考 他に3インチ版あり
・JANコード/ISBNコード 4589778030045

人気の記事

  1. 窓際あったか 発泡ボード ライトスリム L(USER)
  2. ぶたチン(マーナ)
  3. 伝統工芸士が作る赤ちゃん筆、赤ちゃん筆熊野工房
  4. ジュニア プレイメーカー グラモデル
  5. スナテック・レジャーマット

アーカイブ

PAGE TOP