MAGEX(マゲックス)

曲げられるカーテンレール、自在に仕切りができます。

カーテンレールといえば、1本の直線というが一般的な形です。長短はありますが、基本的には直線です。

とはいえ、カーテンを部屋の中を仕切る目的で使う場合など、必ずしもカーテンを直線的ではなく、カーブを描いた形で使いたい場合もあります。

そこで今回は、手で曲げられるカーテンレールをご紹介します。自在に曲げられるため、カーブさせることも可能。病院の病室のようなカーブを描いたカーテンを自宅でも設置できるようになります。

手で簡単に曲げられるカーテンレール「MAGEX(マゲックス)」。

例えば、部屋のコーナーの一角をカーブを描いた形で仕切りたい。そういうときに便利なのが、MAGEX(マゲックス)というカーテンレール。友安製作所から発売されています。

このMAGEX(マゲックス)は、自在に曲げられるという珍しいカーテンレール。立膝した状態で膝上に当てるなど、いとも簡単に曲げることができます。

MAGEX(マゲックス)、のおすすめポイントは、
・曲げられるカーテンレールであること。
・部屋の仕切りや目隠しなど、様々な用途に使えること。
・カラー、材質、サイズなど、ヴァリエーションが豊富に用意されていること。

通常のカーテンレールの場合、レールの内側をカーテンを動かす車輪が走ります。となると、当然ながらレールを曲げることで、車輪が動かなくなります。

一方で、このMAGEX(マゲックス)は、レールの外側を車輪が走る仕様。そのため、レール自体を曲げても、走りを邪魔することなく、スムーズにカーテンが動くというわけです。

レールのカラーや長さは、様々なヴァリエーションが用意されています。

MAGEX(マゲックス)には、長さやカラーなど様々なタイプが販売されており、使用する場所・状況に応じて選べるようになっているのも魅力の一つです。

例えば、カラー(材質)であれば、ホワイト・シルバー・アンバーの3種類。部屋の雰囲気に合わせて選べば、特殊なカーテンレールといえども、違和感のない部屋に仕上がります。

部屋の中を一定のところで仕切りたい。そういうときに使う道具といえば、まずはパーテーションが思い浮かびます。

ただし、パーテーションの場合、大きくて重たいというのが欠点。頻繁に動かすのにはあまり向いていないともいえます。

その点、カーテンであれば、開け閉めするだけなので手軽に使える点が魅力的です。

加えて、曲げられるカーテンレール、MAGEX(マゲックス)を使うことで、空間を自由な形に仕切れるようになるならば、使わない手はなさそうです。

※商品名  MAGEX(マゲックス)(友安製作所)
・商品種別 手曲げ用カーテンレール
・レール材質(カラー) ホワイト、シルバー、アンバー
・レール種類 シングル、ダブル
・ブラケット 正面付、天井付
・サイズ 60cm~150cmなど

人気の記事

  1. 自宅での熱中症にも要注意。
  2. BHEESTIE[ビーズティー] Sサイズ(ランドポート)
  3. 薬やサプリの錠剤を飲みやすく、錠剤クラッシャー MY-8110
  4. 人気のエナジードリンク
  5. 熱中症対策グッズ

アーカイブ

PAGE TOP