足快シューズドライ

靴の乾燥と消臭に最適、珪藻土を使った靴の乾燥グッズ。

全国的に梅雨入り、雨が続くうっとうしい季節が続きます。この時期の悩みの一つになるのが、濡れた靴がなかなか乾かないことです。

靴の特有の形や厚みは、単に置いておいておくだけでは乾燥するスピードも遅く、靴の中まで乾くには相当の時間が掛ります。

そこで今回は、濡れた靴を素早く乾燥させるためのグッズをご紹介します。靴の中に入れておくだけと使い方が簡単で、しかも、ニオイまでとれるという便利なグッズです。

優れた調湿性を持つ「珪藻土」を使った、靴の乾燥アイテム。

濡れた靴の中にソールのように入れておくだけで、乾燥と消臭が同時に行ってくれるというのが、足快シューズドライという商品。宇部興産のなのらぼブランドから発売されています。

この足快シューズドライは、素材に珪藻土を使用しているのが最大の特徴。

珪藻土といえばバスマットを思い出す方も大勢いらっしゃるでしょう。お風呂上りの濡れた足を乗せれば、瞬く間に乾くという使い勝手のよさで、ここ数年で大ヒット商品となりました。

その珪藻土を、靴の乾燥用として応用した商品が、足快シューズドライというわけです。

足快シューズドライ、のおすすめポイントは、
・濡れた靴の中に入れておくだけで、靴を乾燥させられること。
・乾燥と同時に消臭効果もあること。
・熱を使わないので、靴を傷める心配がないこと。
・電気や電池を一切使わないこと。

熱を使わないので、靴を傷める心配がありません。

濡れた靴を乾燥させる際、注意しなければならないのが、靴を傷めないようにすること。

急いで乾燥させるために温風などによる「熱」を使用すると、特に革性の靴などの場合、革が伸びてしまったりすることもあります。

その点、足快シューズドライは、珪藻土そのものが持つ調湿性を利用して乾燥させるので、当然ながら熱を必要とせず、自然の温度のまま乾燥させることができます。

珪藻土の表面には無数の小さな穴があり、それが優れた調湿性を生み出しています。この調湿性が、単に乾燥させるだけではなく、適度な湿度を保ちつつ乾燥させるので、靴の乾燥に向いたものといえます。

加えてこの足快シューズドライは、珪藻土にニオイの原因菌を分解する機能を付加させることで、乾燥と消臭を同時に行えるようにしていることもポイントです。

よくありがちな、靴は乾燥したけれど、嫌なニオイは残ったまま、ということもありません。

靴が濡れしまう機会も多いこれからの時期、足快シューズドライがあれば、悩みの一つが無くなりそうです。

※商品名 足快シューズドライ(なのらぼ・宇部興産)
・サイズ 約165×75×9mm
・重量 60g/枚
・材質 珪藻土、消石灰
・入数 1個(2枚1組)
・生産国 日本

人気の記事

  1. あずきのチカラ 首肩用(桐灰化学)
  2. クッキーでメッセージを贈るクッキーメール。
  3. スーツケースのレンタル
  4. 血圧計 UA-651BLE(A&D)
  5. 色が変わることで自分が受けた紫外線量がわかるリストバンド。

アーカイブ

PAGE TOP